何日君再来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
何日君再来
各種表記
繁体字 何日君再來
簡体字 何日君再来
拼音 Hérì jūn zàilái
発音: ホーリージュンザイライ
テンプレートを表示

何日君再来」(ホーリー ジュン ザイライ)は、1937年上海で製作された映画三星伴月』の挿入歌。当時の人気歌手周璇が歌い、空前のヒットとなった。その後もテレサ・テンをはじめ、多くの歌手によって歌われたことで知られる。

概要[編集]

作詞者は貝林、作曲者は晏如(劉雪庵のペンネーム)である。日本語での曲名は「いつの日君帰る」、英語では "When Will You Return?" となっている。

「何日君再来」は、周璇が歌ったものが有名であるが、1939年香港で製作された映画『孤島天堂』の挿入歌にもなり、黎莉莉が歌ってこれもヒットした。他にも、李香蘭(山口淑子)、夏目芙美子羅仙嬌)、黎莉莉潘迪華奚秀蘭胡美芳渡辺はま子松平晃翁倩玉(ジュディ・オング)鄧麗君(テレサ・テン)鳳飛飛包娜娜都はるみ費玉清徐小鳳ポーラ・チョイ)、おおたか静流小野リサ夏川りみ石川さゆりなど、数多くの歌手に歌われており、CHAGE and ASKAが大規模なアジア・ツアーを行った際にも歌われた。しかしこの曲を復活させたのは、やはり鄧麗君(テレサ・テン)であり、今や中華民國、中華人民共和国、香港、シンガポールのみならず、全世界の中国人に歌われるチャイナ・メロディの代表曲となっている。

歴史[編集]

「何日君再来」は、数多くの歌手にカバーされ、長年多くの人に親しまれた歌謡曲であるが、作者の思いとは全く離れたところで時の権力者達のさまざまな政治的思惑によって翻弄され、幾度となく禁止されるなど、数奇な運命をたどってきた歌謡曲としての面もある。

日中戦争期[編集]

まず「何日君再来」が流行した当時、中国当局の中にはこの歌を中国人の日本への徹底抗戦意識の減殺、植民地支配への寄与を目的として日本軍が意図的に流行させた「亡国の歌」であると見る者がおり、同様の目的で当時日本軍によって流布されていた他の中国語歌謡曲とともに「何日君再来」を排斥しようとする動きがあったことが指摘されている。また、おそらくこのことと関係するものと思われるが、「何日君再来」の作曲を担当した劉雪庵は、中国共産党政権の時代となってから「右派」のレッテルを貼られて教授職の剥奪、農村下放などを経験しており、死後も完全に名誉回復されることがなかった。

一方、日本軍の間では「何日君再来」の「君」の中国語の発音が「軍」のそれと同じことから、抗日戦に敗れ重慶に撤退した「君(=蔣介石)」に向かって「いつ帰ってくるのか」と呼びかける、いわば抗日的な性格を持った歌であると解釈され、やはり「何日君再来」を排斥しようとした。あるいは「何」が「閡」(ガイ、「門構えに亥」で「阻む」という意味)と同音のため「閡日軍再来(日本軍の再来を阻もう)」という意味ととられて抗日的だとみなされた。

国民党政権下の台湾[編集]

さらに時代を下って「光復」後の台湾に目を向けると、外来政権である中国国民党政府の圧政に苦しむ本省人が、日本の植民地統治時代を懐かしみ、終戦後去っていった日本人に向かって「いつ帰ってくるのか」と呼びかけた歌であるとして、国民党政府が同歌を禁止していた時期がある[1]。「何」が「賀」と同音であり「賀日軍再来(日本軍の再来を慶賀する)」とも読み取れるからであるとされる。


共産党政権下の中国大陸[編集]

1980年に中華人民共和国でテレサ・テンが歌った「何日君再来」が爆発的なヒットをした後、1982年に同歌は中国共産党政府当局の手により「エロな歌曲で、半封建、半植民地の奇形的産物」である「黄色歌曲」とされ、民衆の精神汚染を防ぐという理由から一時輸入、販売、放送などが禁じられた。

これに関して、「黄色歌曲」に該当するというのは表向きの理由で、実際は国民生活が豊かになり、繁栄する敵国の中華民国から流れてくる歌から、中国共産党の圧政下であえぐ民衆の目をそらすことが真の目的であったこと、また歌う側のテレサ・テンも、「何日君再来」は中国共産党が倒れた後の、民主的統一中国の実現を想起して歌っていたものであるといわれる[1]。テレサ・テンはパリで天安門事件に対する反対集会にも参加し、亡命した民主化活動家とも交流を持つなどしており、中国の民主化を願っていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 平野久美子 著『テレサ・テンが見た夢』晶文社 参照

関連文献[編集]

  • 平野久美子著『テレサ・テンが見た夢』晶文社、1996年 ISBN 4794962525

関連文献[編集]