佐藤紳哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 佐藤紳哉 六段
名前 佐藤紳哉
生年月日 1977年8月29日(37歳)
プロ入り年月日 1997年10月1日(20歳)
棋士番号 224 
出身地 神奈川県相模原市 
師匠 安恵照剛 
段位 六段
戦績
2014年3月19日現在

佐藤 紳哉(さとう しんや、1977年8月29日 - )は将棋棋士。棋士番号224。神奈川県相模原市出身。安恵照剛門下。

棋歴[編集]

1997年10月、20歳でプロ入り。2004年の新人王戦で準優勝。2005年度は、全棋士中で1位の勝率(0.787)を記録し、将棋大賞の勝率1位賞と新人賞を同時受賞する。

2006年度、第47期王位戦でリーグ入り。谷川浩司に勝利するが、リーグ残留失敗。

2014年3月22日、第3回電王戦のプロ側の2番手としてコンピューター将棋ソフトのやねうら王と対戦。中終盤の激しい攻防を制したやねうら王に95手で敗退した。

竜王戦・名人戦[編集]

名人戦 C級2組(新入段棋士と同じ)
竜王戦
  • 第12期(1999年度)6組優勝(本戦トーナメント進出)。
  • 第19期(2006年度)4組優勝(本戦トーナメント進出)。
  • 第21期(2008年度)3組の初戦で敗れ、降級のピンチが訪れるが、昇級者決定戦で4連勝して3組3位となり、自己最高の2組へ昇級。
  • 第22期(2009年度)2組準決勝進出するが、準決勝(対・森内俊之)と3位決定戦(対・谷川浩司)で永世名人の資格を持つ2人を相手に連敗し、七段昇段(竜王戦1組昇級の規定)と「順位戦C級2組のままでの竜王戦1組昇級」を逃す。

棋風[編集]

居飛車党で、序盤から長考する序盤重視タイプの棋風である[要出典]

先手番の相掛かりの出だしから、飛車先の歩の交換を保留して先に銀を上がる「相掛かり3八銀戦法」を編み出す(谷川浩司が真似たことがある)。これは、後手に先に飛車先歩交換をさせて飛車の引き場所を見て、後手が浮き飛車(8四)にしたら自分も浮き飛車(2六)とし、後手が引き飛車(8二)にしたら自分も引き飛車(2八)とすれば作戦勝ちになりやすい、という発想から生まれた[要出典]

人物[編集]

  • 「より強く、よりカッコよく」がモットーで、若い頃はアイドルタレントのような容姿であった[1]四段になった当初から「歌って踊れるアイドル棋士」「将棋界の香取慎吾」を自称し、さかんにマスコミに売り込みをかけていた[要出典]
  • 民放のバラエティー番組にも好意的で、2010年のシルシルミシル・2012年6月15日放送のガチガセ・同年7月15日放送のアカン警察[2]などに出演した。
  • BIGLOBEストリーム配信の「将棋ニュースプラス」で、目隠し将棋の対局者や解説役として出演。
  • コンピュータ関係は苦手。2010年3月にブログを開設し毎日更新していたつもりだったが、実はアップロードするはずの文書を誤って知人女性にメールで送りつけてしまっており、一週間あまりたって「あなたのことは、まるで興味ないので毎日長文のメールを送るのはやめてください。気持ち悪い」との返信を受け、初めて気がついた[3]。その後知人女性とは誤解を解くことができた。和解するために2人で食事に出かけ、その後、交際することになった。[4]
  • 11年ぶり2回目の本戦出場となった第62回NHK杯将棋トーナメント2012年4月22日放送)ではカツラをつけて登場(佐藤の髪はハゲ気味であり、カツラの使用は珍しくない)し、対局前インタビューでは「豊島?強いよね。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど俺負けないよ」「えー駒たっ… 駒たちが躍動する俺の将棋を、皆さんに見せたいね」と相手の豊島将之七段を呼び捨てにするなど、格闘技やプロレスの煽りのような受け答えをして話題となる[5]これ以降、この言い回しは将棋界全体でブームとなり、将棋関係者の間で広くネタとされている(豊島七段と関連付けられることも多い)。それ以降、講演等で、元ネタである佐藤紳哉自身にも、もう一度あのセリフを聞きたいと、依頼されることが多くなったが、本人は飽き気味である[要出典]
  • 棋士仲間などで集まる「SSF(「エスエスエフ」。サトウ・シンヤ・ファミリーの略)」のリーダー。不定期で飲み会や、お花見、メンバーの誕生日祝いなどを企画。主な参加者は年下の後輩棋士(まれに先輩棋士も)、女流棋士、棋界の関係者など。この集会でもカツラ・かぶりものの装着率が高いが、他のメンバーもかぶりものをしている。なお、この集会に参加すると自動的にSSFのメンバーとなり同時に会員番号が割り振られる。
  • ニコニコ動画生放送番組「将棋 第71期名人戦・A級順位戦最終日 全局生中継」にて中村修豊川孝弘長岡裕也とともに解説を務める。
  • 同じくニコニコ動画生放送番組「超囲碁・超将棋ブース生中継@ニコニコ超会議2[DAY2]」(2013年4月28日放送)にてサブングル加藤歩と目隠しした上で六枚落ち(佐藤は歩兵、銀将、金将、玉将のみ)で対局。アマチュア初段の加藤はほぼミスがない完璧な指し回しで終始加藤ペースだったが最後の受けを間違え、そこを突いた佐藤が一気に寄せきって勝利した。対局前、佐藤は事前に考えてきたギャグ(「穴熊があったら入りたい」など)を披露した。その時の解説中村太地にも勧めていたが丁重にお断りされた。
  • キャッチフレーズは本人曰く、”砂糖のように甘い言葉で深夜に君を寝かさない”。[6]

昇段履歴[編集]

  • 1990年 6級 = 奨励会入会
  • 1993年 初段
  • 1997年10月1日 四段 = プロ入り
  • 2003年1月24日 五段(勝数規定)
  • 2007年8月28日 六段(勝数規定)

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

将棋大賞[編集]

第33回(2005年度) 勝率1位賞、新人賞

脚注[編集]

  1. ^ 将棋世界」2000年1月号付録
  2. ^ 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「佐藤紳哉六段が「爆笑!大日本アカン警察」に出演(再放送)
  3. ^ 佐藤紳哉のあっちむいてほい (2010年4月7日). “すいません”. 2010年5月4日閲覧。
  4. ^ 佐藤紳哉のあっちむいてほい (2011年4月7日). “さいしゅうかい”. 2013年4月8日閲覧。
  5. ^ 将棋・佐藤紳哉六段は新スター? | web R25
  6. ^ 佐藤紳哉のあっちむいてほい (2010年6月22日). “しょどうぶ”. 2013年4月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]