ATSUSHI (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤篤志から転送)
移動: 案内検索
ATSUSHI
基本情報
出生名 佐藤 篤志[1]
別名 EXILE ATSUSHI、あっちゃん、篤志
出生 1980年4月30日(34歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県越谷市
血液型 A型
学歴 ESPミュージカルアカデミー
ジャンル J-POP
R&B
職業 歌手
作詞家
作曲家
担当楽器
ピアノ
ギター 
活動期間 2001年 -
レーベル rhythm zone
事務所 LDH
共同作業者 EXILE
公式サイト 公式プロフィール
Boyz II Men
久保田利伸

EXILE ATSUSHI(エグザイル アツシ、1980年4月30日 - )は、日本歌手EXILEのボーカル。元COLORのボーカル兼プロデューサー。

埼玉県越谷市出身。身長175cm。

来歴[編集]

4歳から高校卒業時までクラシックピアノを習う[2]。高校生の頃に本格的にヴォーカリストを目指すようになる。高校卒業後、専門学校(ESPミュージカルアカデミー)でヴォーカリストとしての技術を磨く。

2000年

  • テレビ番組「ASAYAN」主催の男子ヴォーカリストオーディションで最終選考まで残る。しかし、「可能性を持ったデュオを選ぶ」という主催者側のコンセプトに合わず落選する。また、このオーディションで後にEXILE新メンバーとなるNESMITHと出会う。

2001年

  • 「ASAYANにすごいヤツがいる」という話を聞き、ATSUSHIの存在を知ったHIROからコンタクトがあり、結果としてEXILEの前身「J Soul Brothers」へ加入することとなる[3]。その後もう一人のヴォーカルSHUNが加わる[3]
  • 8月24日、グループ名を「J Soul Brothers」から「EXILE」に改名。
  • 9月27日、シングル『Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜』でデビュー。

2002年

  • 3月6日、EXILEのアルバム「our style」に詞(eyes in maze)を提供し、作詞家デビューをする。

2003年

  • 5月28日、EXILEのシングル『Breezin' 〜Together〜』のヒットから心機一転し、それまでの長髪から坊主頭となり、その後サングラスを着用するようになる[4]
  • 11月12日、EXILEのシングル「Eternal...」で、初めてシングル曲の作詞を担当。

2004年

2005年

  • 終わり頃から声帯ポリープを患い、SHUN脱退後から第二章開幕の間に手術を受ける。

2006年

  • 4月12日、NESMITH(ネスミス名義)のソロシングル「追伸」に曲を提供し、作曲家デビューを果たす。
  • 10月に憧れていたBoyz II Menと競演を果たした。
  • 10月21日、EXILEとして並行して活動していたCOLORがメンバーチェンジし自身は脱退。それと同時にプロデューサーを務める。

2007年

  • 3月9日には多数の邦楽歌手が集結した「MTV iCON 久保田利伸 powered by 楽天オーディション」で共演。日本初のi CONに選ばれた久保田利伸と共演、「Indigo Waltz」を披露した。
  • 総制作期間8年を費やし、日中ボランティア団体が作り上げた、日中合作映画「純愛」のためにノーギャラで詞・作曲共に自身で作り上げた「INORI」を提供している。リリースの予定は今のところないらしく、「もし出ることになるならば、損得が関わらない形で出したいと思う」と話している。

2008年

  • 7月29日、EXILEのベストアルバム「EXILE ENTERTAINMENT BEST」にAIとのコラボ曲「So Special -Version EX-」を収録[5]
  • 9月にデリーゴ社(イタリア)と契約を結び、POLICEブランドの日本のイメージキャラクターとなり、11月にATSUSHIモデルが発売された。

2009年

  • 7月、COLORが「DEEP」に改名するにあたり、プロデューサーから離れる。
  • 9月に、品川ステラボールで初のソロ・ライブ「EXH SPECIAL EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE SOLO」を行った。
  • 12月2日、2009FNS歌謡祭では、EXILEとして出演したほか、AIと「Story」で共演。
  • 東海テレビ製作フジテレビ系「LIFE IS BEAUTIFUL〜小さないのちの詩〜」では初のナレーションを務めた。

2010年

  • 2月3日、所属事務所LDHが社会貢献部を新設。ATSUSHIは自ら作詞作曲した「道しるべ」をオルゴールにして全国の小学校や番組で追いかけた人々などに配布した[6]
  • 2月20日、それまで坊主頭だったATSUSHIが、5年ぶりに髪を伸ばした[7]
  • 4月11日、Loveのアルバム「大切なキモチ」に詞(表題曲)を提供。ATSUSHIが女性アーティストに楽曲提供するのは初となった。
  • 10月8日の楊千嬅のライブにて共演を果たした[8]
  • 11月23日、都内のスタジオで出前のウナギを食べ、明け方から吐き気に襲われ、24日午前5時半ころ、激しい腹痛を訴え病院へ救急搬送され、急性胃腸炎と診断され、治療後は自宅療養となる。また25日の日本テレビ系「ベストヒット歌謡祭2010」の生放送には出演した[9]
  • 11月29日のAIのライブ「AI 10th Anniversary Special Live 「伝説NIGHT」」にゲスト出演し、「So Special」を披露。12月8日から10日まで愛知県の豊根中学校で「LIFE IS BEAUTIFUL番外編 もうひとつの小さな命の詩」の収録を行った。そこでは、その中学校の生徒と一緒に曲作りを行った。

2011年

  • 9月14日、テレビ朝日系ドラマ「陽はまた昇る」の主題歌「いつかきっと…」で、EXILE ATSUSHI名義でソロデビュー。このシングルは、EXILEの「Rising Sun」と同時収録となった。
  • 10月12日に発売されたBoyz II Menのアルバム「Twenty」収録曲「End Of The Day」にフィーチャリングで参加し、作詞も担当した[10]
  • 11月23日、EXILEとの両A面シングル「あなたへ/Ooo Baby」をリリース。

2012年

  • 1月1日、アルバム「Solo」を「EXILE JAPAN」のダブルアルバムとして発売。
  • 1月12日、中国にて行われた「テンセント星光大典」にゲスト出演し、フェイ・ウォンの「我願意」のカバーを、ソロとして初めて中国で歌声を披露した[11]
  • 3月7日に発売されたJAPAN UNITED with MUSIC名義のシングル「All You Need Is Love」にTAKAHIROと共に参加[12]
  • 3月30日、初の唱歌カバー「ふるさと」を配信限定で発売。
  • 4月14日より開催される、ドームツアー「EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 〜TOWER OF WISH〜」に、EXILEとして出るだけでなく、ソロとしても出演。
  • 7月4日、「アジア・アーティスト・スター賞」を受賞[13]
  • 10月17日より、ソロライブツアー「EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE 2012 〜命をうたう〜」を全国6都市で開催[14]
  • 12月5日、3rdシングル「MELROSE 〜愛さない約束〜」をリリース。単独でCDをリリースするのは同作が初となった。

2013年

  • 4月16日、EXILEのライブツアー「EXILE LIVE TOUR 2013 "EXILE PRIDE"」にて「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014」の一環としてEXILE ATSUSHIのソロライブツアーが開催されることが発表された。
  • 4月30日、初のエッセイ『天音。』を発売。2014年3月12日からは、電子書籍版も配信開始された。
  • 5月1日、世界的に活躍しているピアニスト 辻井伸行とのコラボ作品『それでも、生きてゆく』をリリース。
  • 6月19日発売のEXILEの42ndシングル『Flower Song』に「Real Valentine」が収録。
  • 8月21日、4thシングル『道しるべ』をリリース。
  • 9月25日発売のEXILEの43rdシングル『No Limit』にカップリング曲として「Colorful Love」が収録された。
  • 10月14日、2014年・第81回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲を作詞、作曲されることがNHKより発表される。
  • 10月16日、映画音楽界の巨匠・久石譲との共演作品『懺悔』をリリース。

2014年

  • 2月19日、5thシングル『青い龍』をアルバム「Music」からの先行シングルとしてリリース。
  • 2月25日、第81回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲『桜の季節』が発表される。
  • 3月12日、2ndアルバム『Music』をリリース。同アルバム付属の特典CDでは、元EXILEボーカルのSHUNこと清木場俊介と約8年振りに共演。また、前週発売の清木場俊介のベストアルバム『唄い屋・BEST Vol.1』には、2人でセルフカバーした「羽1/2」を収録。
  • 4月12日より、自身初となるアリーナツアー「EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2014 “Music”」を開催。全11都市24公演で約30万人を動員。

人物[編集]

  • 趣味は、ピアノと読書。
  • 中学・高校時代はサッカー部に所属し、その頃はプロサッカー選手になることも夢見ていた。地元・埼玉県越谷市選抜にも選ばれたことがある[15]
  • サングラスがトレードマーク。サングラスをかけ始めた理由は「テレビのカメラ目線が苦手だから」とのこと[1]
  • 小学校の頃スポーツクラブに所属しており、その頃にスケートも習っていた。その際にスケート4級を取得している[16]

参加グループ[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 備考 順位
1 2011年9月14日 いつかきっと… EXILEのシングル「Rising Sun」との両A面シングル。 1位
2 2011年11月23日 Ooo Baby EXILEのシングル「あなたへ」と両A面シングル。 2位
3 2012年12月5日 MELROSE 〜愛さない約束〜 初の単独シングル。 2位
4 2013年8月21日 道しるべ 7位
5 2014年2月19日 青い龍 アルバム「Music」からの先行シングル。 3位
6 2014年10月29日 Precious Love

配信シングル

発売日 タイトル 備考
2012年3月30日 ふるさと 初の唱歌カバー。
2014年7月2日 Precious Love

アルバム[編集]

発売日 タイトル 備考 順位
1 2012年1月1日 Solo EXILEのアルバム「EXILE JAPAN」と同時収録。 1位
2 2014年3月12日 Music アルバムでは初の単独発売。 2位
3 2014年12月3日 Love Ballads ソロとしては初のバラードアルバム。

映像作品[編集]

発売日 タイトル 順位
2010年3月24日 EXH SPECIAL EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE SOLO 1位
2011年5月11日 EXILE ATSUSHI Premium Live 〜The Roots〜 1位
2013年4月3日 EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE 〜命をうたう〜 1位
2014年10月29日 EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2014 “Music”

その他のソロ楽曲[編集]

  1. こんなにもながい君の不在(作詞:Kenn Kato 作曲・編曲:原一博
    EXILEの1stアルバム『our style』に収録され、1stソロアルバム『Solo』には隠しトラックとして唄い直されたものが収録された。
  2. forever love(作詞:ATSUSHI / 作曲:Arno Lucas, Jerome Dufour / 編曲:Arno Lucas, Kenji Sano
    EXILEの7thアルバム『愛すべき未来へ』、1stソロアルバム『Solo』に収録。
  3. 願い(作詞:ATSUSHI / 作曲:Arno Lucas, Jerome Dufour / 編曲:Arno Lucas, 佐野健二)
    EXILEの33rdシングル「FANTASY」に収録され、それ以降に発売されたアルバム(ソロも含む)にはアルバムver.で収録。
  4. Bloom(作詞:Seiji Odake / 作曲:ATSUSHI / 編曲:中野雄太
    EXILEのベストアルバム『EXILE BEST HITS -LOVE SIDE-』に収録。
  5. Real Valentine(作詞:Fang Wenshan、日本語詞:ATSUSHI、作曲:Jay Chou、編曲:Yuichi Hayashida)
    EXILEのシングル『Flower Song』のカップリング、ソロアルバム『Music』に収録。
  6. Colorful Love
    EXILEのシングル『No Limit』のカップリング、ソロアルバム『Music』に収録。

未発表曲

曲名 備考
INORI 日中合作映画「純愛」のためにノーギャラで作詞・作曲共に自身で作り上げた楽曲。

カバー曲

曲名 備考
Yes, I do. 米倉利紀の楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
Change My Mind EXILEの楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」「The Roots」で歌唱。1stアルバム「Solo」にはVERBALによるラップがフィーチャリングされたアレンジで収録された。
WHAT'S GOING ON マーヴィン・ゲイの楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
レイニーブルー 徳永英明のデビュー曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
WILL 中島美嘉の楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」では中島美嘉と共演。
STARS 中島美嘉の楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」では中島美嘉と共演。
はじまりはいつも雨 ASKAの楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
MY CHERIE AMOUR スティーヴィー・ワンダーの楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
Cymbals 久保田利伸の楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。また、ASAYANで唄った歌でもある。
久保田利伸のトリビュート・アルバム、『SOUL TREE〜a musical tribute to toshinobu kubota〜』でもカバーしている。
Indigo Waltz 久保田利伸の楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
2007年3月9日、多数の邦楽歌手が集結した「MTV iCON 久保田利伸 powered by 楽天オーディション」で共演。
ON BENDED KNEE Boyz II Menの楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」でBoyz II Menと共演。
END OF THE ROAD Boyz II Menの楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」でBoyz II Menと共演し、「The Roots」ではソロで披露。
夢で逢えたら ラッツ&スターの楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
OH MY LITTLE GIRL 尾崎豊の楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
I LOVE YOU
涙のキッス サザンオールスターズの楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
CHANGE THE WORLD エリック・クラプトンの楽曲。ソロ・ライブ「SOLO」で歌唱。
ふるさと 唱歌のカバー。「ひるザイル」のエンディングテーマとして使用されていた。配信限定楽曲で2012年3月30日から配信を開始(詳細はふるさとを参照)。後に発売されたシングル「それでも、生きてゆく」のカップリングとして収録。
いとしのエリー サザンオールスターズの楽曲。ソロ・ライブ「The Roots」で歌唱。
Lovers Again EXILEの楽曲。ソロ・ライブ「The Roots」で歌唱。
Story AIの楽曲。2009年FNS歌謡祭やソロ・ライブ「The Roots」で歌唱。
Lost Moments 〜置き忘れた時間〜 COLORの楽曲のセルフ・カバー。ソロ・ライブ「The Roots」ではピアノの弾き語りで披露。
言葉にできない オフコースの楽曲。ソロ・ライブ「The Roots」ではピアノの弾き語りで披露。その後「願いの塔」初回限定特典「EXILE COVER」に収録された。1stアルバム「Solo」には「EXILE COVER」でカバーしたのとは少し異なるアレンジで収録。
FIND YOU COLORの楽曲。ソロ・ライブ「The Roots」では初代COLORメンバーと共演。
らいおんハート SMAPの楽曲。ASAYANやソロ・ライブ「The Roots」で歌唱。
最後の雨 中西保志の楽曲。
小城大事 楊千嬅の楽曲。ミリアム・ヨンのライブで共演。後に中国などで販売された1stアルバム「Solo」のボーナスCDに全日本語詞(小城大事 〜永遠を信じて〜)で収録された(作詞:林夕、ATSUSHI 作曲:雷頌德)。
我願意 王菲の楽曲。中国などで販売された1stアルバム「Solo」のボーナスCDに収録された。

コラボレーション作品

アーティスト 曲名 初出 備考
EXILE ATSUSHI + AI So Special -Version EX- ベストアルバム「EXILE ENTERTAINMENT BEST ライブ・ツアー「EXILE ATSUSHI Premium Live 〜The Roots〜」でAIと共演し披露。1stアルバム「Solo」にも収録された。
AI + EXILE ATSUSHI So Special -Version AI- シングル「So Special -Version AI-/おくりびと So Special -Version EX-の別バージョン
TOKU Again (duet with EXILE ATSUSHI) アルバム「Love Again」
ICONIQ × EXILE ATSUSHI I'm lovin' you アルバム「CHANGE MYSELF
EXILE ATSUSHI & 辻井伸行 それでも、生きてゆく シングル「それでも、生きてゆく 元々、2011年放映のテレビドラマ『それでも、生きてゆく』の劇中音楽を担当した辻井が書き下ろした同ドラマのメインテーマ曲にATSUSHIが詞を付けた。
EXILE ATSUSHI & 久石譲 懺悔 シングル「懺悔
EXILE ATSUSHI & 清木場俊介 fallin' アルバム「Music
EXILE ATSUSHI & 清木場俊介 The Impossible is Real ~My Lucky Star~ アルバム「Music」 SHUNがEXILEを脱退する前にレコーディングしていたがお蔵入りになっていた未発表曲で、新たにレコーディングし直し初収録となった。

参加作品

アーティスト 曲名 初出 備考
久保田利伸 Cymbals(ATSUSHI from EXILE名義) トリビュート・アルバム「SOUL TREE 〜a musical tribute to toshinobu kubota ソロ・ライブ「SOLO」でも披露された。
Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI アルバム「Gold Skool 1stアルバム「Solo」には「Gold Skool」に収録されたものとは異なったアレンジのものが収録された。
佐野健二 WHAT'S GOING ON アルバム「Culture Chameleon」 マーヴィン・ゲイのカバー曲。
中島美嘉 DESTINY'S LOTUS シングル「CRESCENT MOON コーラス参加
ネスミス Brand-new day シングル「追伸 コーラス参加と同時に作曲も担当している。
Boyz II Men Muzak feat. ATSUSHI (EXILE) アルバム「The Remedy 日本版ボーナストラック
End Of The Day 〜Boyz II Men feat. EXILE ATSUSHI〜 アルバム「Twenty 日本版ボーナストラック。1stアルバム「Solo」には別バージョン(A's Urban Version)が収録されている。
COLOR Lost Moments 〜置き忘れた時間〜 feat. ATSUSHI シングル「涙が落ちないように 作詞作曲も担当している。
Since You Went Away feat. ATSUSHI アルバム「BLUE 〜Tears from the sky〜
JAPAN UNITED with MUSIC All You Need Is Love シングル「All You Need Is Love」 この楽曲にはEXILEのボーカルTAKAHIROも参加している。
m-flo ALIVE アルバム「SQUARE ONE 発売当初はゲストアーティスト(ATSUSHI)の名前は公表されていなかったが、2012年5月6日に放送された「EXILE魂」にてm-floと共に披露。
清木場俊介 羽1/2 アルバム「唄い屋・BEST Vol.1」 清木場とATSUSHIの2人で新たにセルフカバーした曲が収録されている。

書籍[編集]

作詞・作曲担当[編集]

EXILE[編集]

COLOR[編集]

その他のグループ・歌手への楽曲提供[編集]

ライブ[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

  • ソニー「BRAVIA Phone U1」(2009年)
  • レヴール モイスト&グロス(2013年)

ナレーション[編集]

受賞歴[編集]

部門 作品
2013 MTV Video Music Awards Japan 最優秀男性アーティストビデオ賞 MELROSE 〜愛さない約束〜

タイアップ[編集]

関連人物[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【EXILE ATSUSHI】この声でできること伝えたいこと探す”. zakzak. zakzak (2010年2月9日). 2013年1月30日閲覧。
  2. ^ EXILE ATSUSHI 単独インタビュー! - ENTERTAINMENT - X BRAND
  3. ^ a b HIRO著「Bボーイサラリーマン
  4. ^ ただし、例外として「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」の時に限ってサングラスを外し、頭のラインを消している。
  5. ^ また後に発売されたAIのシングル「So Special -Version AI-/おくりびと」には別バージョンが収録された。
  6. ^ “EXILEの事務所LDHが社会貢献部を新設 ATSUSHIもオルゴールで貢献に意欲”. オリコン. (2010年2月3日). http://career.oricon.co.jp/news/73049/full/ 2011年2月15日閲覧。 
  7. ^ “EXILE・ATSUSHI、5年ぶりに「髪の毛伸ばす」 史上最大男性ボーカルオーディション開催”. ORICON STYLE. (2010年2月20日). http://www.oricon.co.jp/news/music/73550/full/ 2011年2月15日閲覧。 
  8. ^ ミリアム・ヨンがEXILEと共演で大興奮!ATSUSHIに広東語レッスンも―日本
  9. ^ “芸能界、相次ぐダウン…EXILEのATSUSHI腹痛”. ZAKZAK. (2010年11月25日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20101125/enn1011251225004-n1.htm 2011年2月15日閲覧。 
  10. ^ ボーイズIIメン、20周年記念作にはEXILE ATSUSHIが参加!
  11. ^ 「EXILE」ATSUSHI、中国デビュー!発音バッチリ名曲「我願意」カバー
  12. ^ 日本が誇るトップアーティスト30名によるビートルズカバー、先行配信でTOP10に迫る
  13. ^ ATSUSHIが中華圏で初授賞!「アジア・アーティスト・スター賞」を受賞!
  14. ^ EXILE ATSUSHIの甘い歌声に浸る……全国6都市ソロライブ
  15. ^ EXILEがサッカー日本代表の公式応援ソングを制作”. BARKS. 株式会社BARKS (2009年12月24日). 2014年2月18日閲覧。
  16. ^ 2014年3月14日放送のTBS「ぴったんこカン・カン」にて。
  17. ^ 脱退後2009年7月までプロデュースを務める。
  18. ^ “EXILE・ATSUSHIの素顔に半年間密着取材 サングラスをかけた本当の理由”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年10月14日). http://mdpr.jp/021206963 2012年10月16日閲覧。 
  19. ^ a b c 「羽1/2」はATSUSHIと清木場の2人でセルフカバーした。
  20. ^ 「The Roots」ではソロで披露。

外部リンク[編集]