佐藤真海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐藤 真海(さとう まみ、1982年3月12日 - )は、女子陸上選手でパラリンピック選手[1]である。主に走幅跳を競技種目としており、日本記録とアジア記録保持者である。サントリーホールディングス株式会社に勤務している。

経歴[編集]

宮城県気仙沼市にて出生する。中学校で陸上競技を始め、仙台育英学園高等学校を経て早稲田大学商学部へ進学し、応援部チアリーダーとして活動する。在学中の2001年骨肉腫発症により2002年4月に右足膝以下を切断し、水泳でリハビリテーションしながら陸上競技でのパラリンピック出場を目指し、卒業後にサントリーへ入社する。


走り幅跳び競技で、2004年アテネパラリンピックは3m95cmで9位、2008年北京パラリンピックは4m28cmで6位入賞、2012年ロンドンパラリンピックは自己記録更新4m70cmで9位を記録している。また、2013年4月のブラジルサンパウロ大会で5m02cmの日本新記録、7月の国際パラリンピック委員会(IPC)世界選手権で銅メダルを獲得している。会社員と競技選手のほかに、障害者スポーツの理解と支援を広げる活動に取り組んでいる。

2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会プレゼンンテーターとして、2013年3月に国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会の現地評価で、9月にアルゼンチンブエノスアイレスで開催されたIOC総会の最終プレゼンテーションで、それぞれスピーチを行い招致に貢献した[2][3]

著書[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]