佐藤泰志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐藤 泰志(さとう やすし、1949年4月26日 - 1990年10月10日)は、日本小説家北海道函館市高砂町出身。國學院大學文学部哲学科卒業。

経歴[編集]

1949年、北海道函館市高砂町に生まれる。北海道函館西高等学校在学中の1966年、「青春の記憶」で第4回有島青少年文芸賞優秀賞受賞。翌年、「市街戦のジャズメン」で第5回同賞優秀賞受賞。1970年、國學院大學文学部哲学科入学。雑誌「黙示」に参加。1971年同人誌「立待」創刊。1974年、國學院大學卒業。同人誌「贋エスキモー」を創刊。

1977年、「移動動物園」で新潮新人賞候補。1981年3月、函館に戻る。函館高等職業訓練校建築科入学。1982年、「きみの鳥はうたえる」で第86回芥川龍之介賞候補。職業訓練校を退学、再上京して作家生活に入る。1983年、「空の青み」で第88回芥川龍之介賞候補、「水晶の腕」で第89回芥川龍之介賞候補、「黄金の服」で第5回野間文芸新人賞候補。1984年、「黄金の服」で第90回芥川龍之介賞候補。1985年、「オーバー・フェンス」で第93回芥川龍之介賞候補。1989年、『そこのみにて光り輝く』で第2回三島由紀夫賞候補。

1990年、自宅近くの植木畑で自殺2007年、死後17年経って「佐藤泰志作品集」がクレインより発刊される。

作品リスト[編集]

  • きみの鳥はうたえる(1982年3月、河出書房新社ISBN 9784103964018
    • 初出:『文藝』1981年9月号
  • そこのみにて光輝く(1989年3月、河出書房新社、ISBN 9784309005522
  • 黄金の服(1989年9月、河出書房新社、ISBN 9784309005829
  • 移動動物園(1991年2月、新潮社ISBN 9784103795018
    • 移動動物園
    • 空の青み(『新潮』1982年10月号)
    • 水晶の腕(『新潮』1983年6月号)
  • 大きなハードルと小さなハードル(1991年3月、河出書房新社、ISBN 9784309006765
    • 美しい夏
    • 野栗鼠
    • 大きなハードルと小さなハードル
    • 納屋のように広い心
    • 裸者の夏
    • 鬼ガ島
    • 夜、鳥たちが啼く
  • 海炭市叙景(1991年12月、集英社ISBN 9784087728255
    • まだ若い廃墟
    • 青い空の下の海
    • この海岸に
    • 裂けた爪
    • 一滴のあこがれ
    • 夜の中の夜
    • 週末
    • 裸足
    • ここにある半島
    • まっとうな男
    • 大事なこと
    • ネコを抱いた婆さん
    • 夢みる力
    • 昴った夜
    • 黒い森
    • 衛生的生活
    • この日曜日
    • しずかな若者