佐田岬半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海から見た佐田岬半島

佐田岬半島(さだみさきはんとう)は、四国の最も西に位置し、愛媛県伊方町にある半島。三崎半島とよばれることもある。八幡浜港付近から西南西へ、中央構造線(メディアンライン)に沿い長さ約40kmにわたって直線的に突き出しており、北の瀬戸内海伊予灘)と南の宇和海を隔てている。先端には佐田岬があり、瀬戸内海国立公園に指定、半島腹部は佐田岬半島宇和海県立自然公園に指定されている。国道197号佐田岬メロディーラインは、山桜の名所。

日本一細長い[1]半島としても知られる。

地形・交通[編集]

日本最大の断層である中央構造線の南縁にあたりリアス式海岸をなしており、良港に恵まれ漁業がさかんだが、背後に急峻な山地が迫り平地はほとんどない。このため、道路の整備は遅れ、突端の旧・三崎町までバスが通じたのは1960年代で、それまでは交通は港づたいに結ぶ船舶に頼らざるを得ない「陸の孤島」であった[要出典]。特に半島の北側は季節風の影響を受けがちであるため、航路も発達せず、集落は半島の南側に多い。

半島を縦貫する国道197号は、かつては山腹に沿って眼下に宇和海を臨む形で走っていたため、曲がりくねり、自動車どうしの離合もままならない悪路であり、197をもじって、別名「イクナ」酷道(こくどう)とすら呼ばれていた[2]。しかしながら、半島の尾根を縦走する頂上線(愛称:メロディーライン)が完成し、今日では八幡浜市から三崎港まで1時間もかからなくなった。

松山市への伊予鉄道の特急バスが三崎港から出ている。

佐賀関半島へは16kmの距離にあり、三崎港から大分県佐賀関港との間に国道九四フェリー(国道197号の海上区間)が就航している。また、かねてから愛媛県と大分県を結ぶ道路として豊予海峡大橋(仮称)の建設構想があるほか、四国新幹線の有力ルートとも目されていたが、いずれも具体化に向けた動きは無く後者については事実上計画が消滅している。

地質[編集]

地質がもろい地すべり地帯がある。

の鉱脈を含んでいる。このため、江戸時代から銅山があり、の管理から解放され民間でも鉱山開発が可能になった明治時代前半には、八幡浜市保内町の付近では、柳谷(りゅうこく)銅山などの鉱山開発が盛んに行なわれ、一時は精錬所も設置されていた。精錬所は八幡浜港沖合いの無人島にも設置されていた。鉱害の発生もあり短期間で終わったが、今日ではそれらの産業遺跡が各地に遺されている。

産業[編集]

宇和海と瀬戸内海に面し、岬アジ・岬サバやイセエビサザエテングサチリメン加工等で知られる水産や、斜面を段々畑にしたナツミカン栽培が盛ん。

半島の北斜面には四国電力伊方原子力発電所がある。

風力発電[編集]

佐田岬半島は北西に遮る陸地がないため、風況が良く、風力発電のための風車が、旧伊方町西部から旧三崎町東部にかけての稜線上に林立し、独特の景観を構成している。四国では、風力発電に適した風況の良い地域はここ佐田岬半島か、四国カルスト、高知県檮原町付近の四国山地しかないといわれている。伊方町には、四国電力伊方原子力発電所もあり、地元ではエネルギーの町として売り出そうとしている。もともと旧・瀬戸町で精力的に取組み、市町村合併の直前頃から旧・三崎町でも取り組むようになった。旧・伊方町は、原発が既にあるため、風力発電には取り組んでいなかったが、新・伊方町になってからは引き継いで推進している。

脚注[編集]

  1. ^ 佐田岬の休日
  2. ^ 酷道をゆく

関連項目[編集]