佐双左仲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐双 左仲(さそう さちゅう、1852年6月2日嘉永5年4月15日) - 1905年10月9日)は、日本の海軍軍人工学博士。旧名、堀尾友吉。位階勲等功級は、海軍造船総監・正四位・功三級・勲一等旭日大綬章・工学博士。

経歴[編集]

金沢藩士・堀尾治郎兵衛の四男として生まれ、佐双久右衛門の養子となる。

1869年海軍兵学寮に入学。1871年から1878年までイギリスに留学。1879年1月、海軍中機関士に任官。海軍省主船局造船課長、欧州出張、艦政局造船課長、海軍省第2局第2課長、横須賀鎮守府造船部長、海軍省第2局第1課長、第2局第2課長、軍務局第3課長などを歴任し、1896年4月、造船大監。

軍務局造船課長を経て、1897年12月、造船総監となった。以後、欧州出張(造船監督官)、艦政本部第3部長を勤めて、在任中に死去した。日本海軍最初の技術武官の一人で、中将相当官(造船総監)に初めて就任した人物でもあった。1899年3月、工学博士号取得。

備考[編集]

1907年10月、生前における日清日露両役の功により、嗣子定雄男爵位を授けられた。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。