佐々木健一 (美学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐々木 健一(ささき けんいち、1943年1月26日 - )は、日本の美学者、東京大学名誉教授。

東京出身。1965年東京大学文学部フランス語フランス文学専修課程卒業。1971年同大学院人文科学研究科美学藝術学博士課程修了。1971年助手、74年埼玉大学専任講師、76年助教授、1980年東大文学部助教授、89年教授。2004年定年退職、日本大学文理学部哲学科教授。東大名誉教授。

1982年、『せりふの構造』でサントリー学芸賞受賞。

1997年 東京大学 文学博士 論文の題は「フランスを中心とする18世紀美学史の研究」[1]

著書[編集]

  • 『せりふの構造』(筑摩書房、1982、後に講談社学術文庫)
  • 『作品の哲学』(東京大学出版会、1985)
  • 『演出の時代』(春秋社、1994)
  • 『美学辞典』(東京大学出版会、1995)
  • 『エスニックの次元 ―《日本哲学》創始のために』(勁草書房、1998)
  • 『ミモザ幻想-記憶・藝術・国境』(勁草書房、1998)
  • 『フランスを中心とする18世紀美学史の研究―ウァトーからモーツァルトへ』(岩波書店、1999)
  • 『タイトルの魔力―作品・人名・商品の《なまえ》学』(中公新書、2001)
  • 『美学への招待』(中公新書、2004)
  • 『日本的感性 触覚とずらしの構造』中公新書、2010
  • ディドロ『絵画論』の研究』全3部 中央公論美術出版 2013  

翻訳[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース