低タンパク血症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
低タンパク血症
分類及び外部参照情報
ICD-9 273.8
DiseasesDB 6534
MeSH D007019
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

低タンパク血症:Hypoproteinemia)とは、血中タンパク質が異常に低い状態のことを言う。蛋白の原料の不足、蛋白合成障害、蛋白の喪失などに分類される。
蛋白合成障害には肝硬変などが代表的である。 蛋白喪失の原因の一つとして、ネフローゼ症候群の医学的特徴である尿へのタンパク質の過剰な排出(タンパク尿)があげられる。 低アルブミン血症が、代表的な低タンパク血症である。 膠質浸透圧の低下を来すため、循環血漿量が維持できずに水分が間質に流出してしまい、組織に水腫浮腫が現れる。

関連事項[編集]

血液検査の参考基準値#肝機能

参考[編集]