伯ヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「伯嚭」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

伯嚭(はく ひ、? - 紀元前473年)は、中国春秋時代政治家伯州黎の子。曾祖父に晋の賢臣として名高い伯宗、祖父に楚の軍師を務めた伯州犂がいる。闔閭夫差に仕えた。

伯嚭は、伯宗より続く伯氏の生まれだが、幼少の頃の紀元前541年に父親の伯州黎が、霊王の王位簒奪計画に巻き込まれて横死したために、祖父の伯州犂の下で成長した。しかし、その後の昭王の代の紀元前515年に伯州犂も讒言で殺される悲運に遭い、身の危険を感じた伯嚭は、旧知の伍子胥がいるへと亡命する。そこで呉王の闔閭に登用され、後の紀元前506年に闔閭や伍子胥と共に楚へ兵を出し、楚を滅亡寸前へと追い込み、祖父と父の無念を晴らした。

後に賄賂に負けて越と密通したといわれる。また、清廉で知られる曽祖父の伯宗とは正反対の狡猾な性格で、彼の讒言に振り回された呉王夫差は、伍子胥を殺してしまったという言い伝えがある。

に呉が滅ぼされた際、越王勾践に悪臣の見本として処刑され晒し首にされた[1]

脚注[編集]

  1. ^ 春秋左氏伝哀公二十四年の項では、伯嚭自身が刑死される記述はなく、越の臣である太宰嚭として、わずかに記されている。