伝送路符号化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伝送路符号化とは、情報を送る伝送路の帯域、雑音や妨害などの性質に応じて、すでに情報源符号化された情報を再度符号化するものである。 たとえば、データの信頼性を高めるための誤り検出、誤り訂正符号の付加や、畳み込み符号化などがある。通信路符号化(Channel Coding)とも言う。1948年にクロード・シャノンにより、伝送路容量に関する基本定理(シャノンの第二基本定理)が発表された。

ベースバンドとの比較[編集]

搬送波を用いないベースバンドと比較して次の点が特徴である。

  • 無線通信が可能である。
  • 周波数分割多重化・周波数分割多元接続で1つの伝送路で複数チャネルの同時通信が可能である。
  • 銅線を用いるものの場合、不要輻射を小さくすることも可能である。
  • 回路規模が大きい。

用途[編集]

古くは、無線電信テレタイプ端末に用いられていた。磁気媒体の記録方式としても用いられている。

モデムによるデジタルデータ通信

磁気媒体の記録方式

関連項目[編集]