伝説 (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伝説または伝説曲チェコ語: Legendy作品59(B.122)は、アントニン・ドヴォルザークによる小品集。まず4手用ピアノ曲として作曲された後、小規模なオーケストラのために編曲された[1]

成立の経緯[編集]

ドヴォルザークは、《交響曲 第6番》を完成させる前日の1880年10月15日に出版者フリッツ・ジムロックに宛てて、1881年1月30日までにピアノ二重奏曲の《伝説》を完成させたいと望んでいる、との計画を書き送っている[2]。しかしながら1881年1月30日になっても、《伝説》のスケッチに着手していなかった。ピアノ版の決定稿は1881年2月12日から3月23日にかけて、一部はプラハで、一部はヴィソカー・ウ・プルジーブラミで作成された。ドヴォルザークが本作を音楽評論家のエドゥアルト・ハンスリックに献呈すると、ハンスリックはこの曲集に熱狂的な賛辞を送った[2]。ピアノ二重奏版は1881年夏にジムロック社から出版された。同年ドヴォルザークはこの曲集を管弦楽曲のための小品集に編曲した[3]。管弦楽版はあまり演奏されないが、全曲としてよりも個別の楽曲の抜粋が演奏されることは間々あり、1882年プラハ音楽院における初演でも第1曲、第3曲、第4曲がアントニーン・ベネヴィッツの指揮によって、同年11月26日のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による初演でも第2曲、第5曲、第6曲がヴィルヘルム・ヤーンの指揮によって取り上げられた。

楽曲構成[編集]

以下の10曲から成る。

  1. Allegretto non troppo, quasi andantino (ニ短調
  2. Molto moderato (ト長調
  3. Allegro giusto (ト短調
  4. Molto maestoso (ハ長調
  5. Allegro giusto (変イ長調
  6. Allegro con moto (嬰ハ短調
  7. Allegretto grazioso (イ長調
  8. Un poco allegretto (ヘ長調
  9. Andante con moto (ニ長調
  10. Andante (変ロ短調

全曲を通して演奏するのに約40分を要する。

[編集]

  1. ^ Album notes (SU 3533-2 031), p. 4-5
  2. ^ a b Score, p. V
  3. ^ Album notes (SU 3533-2 031), p. 5

参考資料[編集]