会田雄次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

会田 雄次(あいだ ゆうじ、1916年3月5日 - 1997年9月17日)は、日本歴史学者京都大学名誉教授保守派の論客として知られた。

専門はイタリアルネサンス研究である。中年以降は日本人論、日本文化論で多くの著作を出し、『日本人の意識構造』では、ルース・ベネディクトの日本論を批判した。

略歴[編集]

京都市生まれ。父は、第五高等学校京都高等工芸学校教授をつとめた動物学者会田龍雄。京都府立第一中学校(現京都府立洛北高等学校)、第三高等学校を経て、1940年京都帝国大学文学部史学科卒業、同大学院進学。1962年文学博士

1942年から1948年まで京都帝国大学文学部副手、1942年から1947年まで龍谷大学予科講師。1943年応召ビルマ戦線に歩兵一等兵として従軍。イギリス軍捕虜となり1947年に復員するまでラングーンに拘留された。この時の捕虜体験を基に書かれたのが、中公新書創刊とほぼ同時に出された『アーロン収容所』である。

復員後は1947年神戸経済大学(現神戸大学)予科教授、1949年神戸大学文理学部助教授、1952年京都大学人文科学研究所教授を経て、1979年定年退官。京大名誉教授。1997年京都市内の病院で肺炎のため死去。享年81。

主著[編集]

  • 『京大西洋史 4』 共著、創元社、1951年。
  • 『ルネサンスの美術と社会』 創元社〈創元学術双書〉、1957年。ISBN 4422010077
  • 『アーロン収容所:西欧ヒューマニズムの限界』 中公新書、初版1962年。ISBN 4122000467中公文庫で新版刊行
  • 『ミケランジェロ:愛と美と死と』 誠文堂新光社、1963年。
  • 『日本文化の条件:苦悶と混迷の思想地帯から』 番町書房、1965年。
  • 『敗者の条件 戦国時代を考える』 中公新書、1965年、中公文庫で新版。ISBN 4122048184
  • 『合理主義 ヨーロッパと日本』 講談社現代新書、1966年、PHP文庫で新版。ISBN 4569573886
  • 『ヨーロッパ・ヒューマニズムの限界』 新潮社、1966年。
  • 『ミケランジェロ その孤独と栄光』 新潮社、1966年、PHP選書で新版。ISBN 4569550703
  • 『世界の名著 21 マキャヴェリ』 中央公論社、1966年。新版:中公バックス1979年。
  • 『男性待望論 私の女性教育』 講談社、1967年。
  • 『夫の論理・妻の論理』 角川文庫、1972年。ISBN 4041329019
  • 『極限状況の日本人』 学習研究社、1972年、PHP研究所で改題新版『日本人の精神構造』。ISBN 4569626351
  • 『日本人の意識構造 風土・歴史・社会』 講談社現代新書、1972年。ISBN 4061156934
  • 『事実と幻想 続・日本人の意識構造』 講談社、1973年。
  • 『日本人の生き方』 富山県教育委員会〈精神開発新書2〉、1973年、講談社学術文庫で新版、1976年。ISBN 4061580477
  • 『ルネサンス 新書西洋史4』 講談社現代新書、1973年。ISBN 4061157140
  • 『ルネサンス 世界の歴史12』 中村賢二郎と共著、河出書房新社、1974年、河出文庫で新版。ISBN 4309471714
  • 『アーロン収容所再訪』 文藝春秋、1975年、中公文庫で新版。ISBN 4122015669
  • 『決断の条件』 新潮社新潮選書〉、1975年。ISBN 4106001748
  • 『超越者の思想 神と人の出会い』 講談社、1975年。ISBN 4061158139
  • 『勝者の条件』 雷鳥社、1976年。
  • 『原点からの発想 日本的英知の再発見』 サンケイ出版、1978年。
  • 『リーダーの条件』 新潮社、1979年、新潮文庫で新版。
  • 『表の論理・裏の論理 日本人的英知の再評価』 角川文庫、1979年。
  • 『必然と偶然と』 雷鳥社、1981年。
  • 『氷雪の時代 日本生き残りの論理』 PHP研究所、1982年、PHP文庫で新版。ISBN 4569561292
  • 『新選 日本人の忘れもの 日本的叡知の再評価』 PHP研究所、1994年、PHP文庫で新版。ISBN 4569577202
  • 『日本人として言い残しておきたいこと 品格なきこの国のかたち』 大和出版、1995年。ISBN 4804713492
  • 『歴史小説の読み方 吉川英治から司馬遼太郎まで』 PHP研究所、1996年。ISBN 4569216994
  • 『生と死の極意 男・据え物の覚悟』 PHP研究所、1996年。ISBN 4569545386
  • 『たどり来し道』 新潮社、1996年。ISBN 4103001046
  • 『歴史家の立場』 PHP研究所、1997年。ISBN 4569556701
  • 『ルネサンス』 共著、中公クラシックス・コメンタリィ:中央公論新社、2008年。ISBN 4120039692 ほか多数(主に文庫で新版)
  • 『会田雄次著作集』全11巻 講談社、1979-80年。絶版
    1. アーロン収容所、アーロン収容所再訪
    2. 日本人の意識構造、事実と幻想
    3. 日本の風土と文化、超越者の思想
    4. 決断の条件、日本人材論
    5. 勝者の条件、敗者の条件
    6. 日本人の忘れもの、表の論理・裏の論理
    7. 男性待望論、夫の論理・妻の論理
    8. ヨーロッパ・ヒューマニズムの限界、ミケランジェロ
    9. 合理主義、ルネサンス
    10. ルネサンスの美術と社会1
    11. ルネサンスの美術と社会2

関連項目[編集]