伏勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伏勝(王維画)

伏 勝(ふく しょう、生没年未詳)漢代初期の儒学者。伏生ともいう。

略伝[編集]

済南の出身で、もとはの博士であった。漢の文帝の時に『尚書』を良く知る者を求め、伏勝の名があがったがこの時彼は90歳におよんでいたために召すことができなかった。そこで文帝は太常に詔して、掌故である鼂錯を伏勝のところへ行かせて学ばせた。

秦代の焚書坑儒のさい、伏勝は『尚書』を壁に埋めておいたが、漢代に掘り起こしたときには数十篇を失い、29篇を得たという。伏勝はこれを斉・魯で教え、済南の張生欧陽生がその教えを兒寛に伝えた。これを『今文尚書』と称する。


参考[編集]