伊集院町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊集院町
Central Ijuin view from Ichiuji Castle ruin.JPG
一宇治城址から望む伊集院市街
廃止日 2005年5月1日
廃止理由 新設合併
東市来町伊集院町日吉町吹上町
日置市
現在の自治体 日置市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
日置郡
団体コード 46363-9
面積 55.83km²
総人口 24,139
(2005年4月1日)
隣接自治体 鹿児島市東市来町日吉町
町の木 イス
町の花 ウメ
伊集院町役場
所在地 899-2592
鹿児島県日置郡伊集院町郡一丁目100番地
Hioki City Hall.jpg
外部リンク 伊集院町
座標 北緯31度38分2.9秒
東経130度24分8.6秒
Location of Ijuin, Kagoshima, Japan.svg
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

伊集院町(いじゅういんちょう)は、鹿児島県の西部、薩摩半島の中北部に位置した

1889年の町村制施行に伴い、中伊集院村(なかいじゅういんむら)として発足し、1922年に町制施行、1956年に下伊集院村の一部を編入した。2005年5月1日に、東市来町日吉町吹上町と合併し、日置市となり、自治体としては消滅した。

地理[編集]

鹿児島県の西部、日置郡の中央部に位置した。町のほとんどが山間地帯であったが、町の中央部の盆地に市街地が形成されていた。日置市となった現在でも日置市役所が置かれている中心市街地となっている。

地名は伊集院氏伊集院(1889年の町村制施行時の下伊集院村中伊集院村上伊集院村の区域にあたる)を領有していたことに由来する。

  • 河川:神之川、谷口川

大字[編集]

伊集院町は1889年の町村制施行時には江戸期の藩政村が大字となり、飯牟礼、猪鹿倉、大田、恋之原、郡、古城、下谷口、清藤、竹之山、土橋、徳重、中川の12大字より構成された。

1956年に下伊集院村のうち上神殿、下神殿、桑畑、野田、麦生田、寺脇(下伊集院村大字寺脇の一部)の6大字が伊集院町に編入された。1979年には妙円寺団地の区域に妙円寺一丁目、妙円寺二丁目、妙円寺三丁目が設置された。また、1997年には大字郡の一部より郡一丁目及び郡二丁目が設置されている[1]

これらは現在の日置市伊集院町飯牟礼伊集院町猪鹿倉伊集院町大田伊集院町上神殿伊集院町桑畑伊集院町恋之原伊集院町郡、伊集院町郡一丁目、伊集院町郡二丁目、伊集院町古城伊集院町下神殿伊集院町下谷口伊集院町清藤伊集院町竹之山伊集院町土橋伊集院町寺脇伊集院町徳重伊集院町中川伊集院町野田伊集院町妙円寺一丁目、伊集院町妙円寺二丁目、伊集院町妙円寺三丁目、伊集院町麦生田にあたる。

隣接していた市町村[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、日置郡伊集院郷(外城)のうち下谷口村、清藤村、猪鹿倉村、恋ノ原村、古城村、飯牟礼村、郡村、徳重村、大田村、中川村、土橋村、竹之山村の区域より中伊集院村として成立。
  • 1922年大正11年)4月1日 - 中伊集院村が町制施行・改称し、伊集院町となる。
  • 1956年昭和31年)9月30日 - 下伊集院村のうち、大字野田、下神殿、上神殿、桑畑、麦生田の全域および大字寺脇の一部を編入。
  • 2005年平成17年)5月1日 - 東市来町・日吉町・吹上町と合併し、日置市となる。

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

地域[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

伊集院駅

バス[編集]

道路[編集]

伊集院町出身の有名人[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

妙円寺詣りで賑わう徳重神社
  • 徳重神社
  • 一宇治城(跡地は城山公園として整備されている)
    • ザビエル会見の地(日本で初めてキリスト教の布教が許可された場所として知られる)
  • 大田発電所(国指定登録有形文化財、旧島津発電所[2]
  • 徳重大バラ太鼓踊り(県指定無形民俗文化財)
  • 大田太鼓踊り(県指定無形民俗文化財)

特産品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成9年鹿児島県告示第810号(字の区域の設定及び廃止、平成9年5月14日付鹿児島県告示第1211号所収)
  2. ^ 九州電力大田発電所本館 - 文化庁 2013年3月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]