伊那バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊那バス株式会社
INAbus co.,Ltd,
Ina-bus-21181.jpg
伊那バスの高速バス
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
396-0026
長野県伊那市西町5208番地
設立 1919年(大正8年)11月8日
業種 陸運業
事業内容 バス運行事業
代表者 代表取締役社長 藤澤秀敬
資本金 1億円
従業員数 男子122人 女子61人 計183人
外部リンク http://www.ibgr.jp/
テンプレートを表示

伊那バス(いなバス)は、長野県南信地方バス会社。主に伊那市内の路線バスと伊那市箕輪町駒ヶ根市飯田市発着の東京名古屋大阪長野方面高速バスを運行している。また、伊那市街地循環バスと地区循環バスも運行している。本社は伊那市。

沿革[編集]

  • 1919年11月 - 創業。
  • 1945年6月 - 信南交通株式会社に統合。
  • 1949年2月 - 信南交通株式会社から分離独立。
  • 2000年10月1日 - 伊那本線(馬見塚入口〜本社前間)を廃止。
  • 2001年11月 - 本社営業所管内とJRバス関東伊那支店(現:中央道統括支店)管内で、回数券の共通利用が可能となる。
  • 2008年4月1日 - 市街地循環バス100円区が150円区に値上げしたことに伴い、自社路線(伊那本線、西箕輪線など)の市街地区間の運賃も値上げ(100円→150円)実施。
  • 2010年4月1日 - 伊那本線(本社前〜辰野駅前間)を廃止。

高速バス路線[編集]

運行回数
  • 1日2往復[9]
アルペン伊那号 路線沿革
  • 1989年12月22日 - 運行開始。当時は伊那市まで[7]
  • 1991年4月4日 箕輪町まで延長申請[7]
  • 1991年6月   アルペン伊那号信南交通が、運行参画[10]
  • 1992年2月1日 大阪~飯田線アルペン飯田号運行休止により、上飯田バス停が最寄りとなる。
運行回数
  • 1日2往復
路線沿革
  • 1990年12月20日 - 運行開始。当初は昼行便と夜行便を運行。
  • 1993年9月1日 - 夜行便廃止。
  • 2005年 - 横浜側の運行会社を京急観光バスに移管。
  • 2008年3月15日 - この日の運行をもって京急観光バスが運行休止、伊那バスの単独運行となる(乗車券販売等は継続)。
  • 2008年3月16日 - 一部時刻・運行経路の変更を実施。[11]
使用車両
  • 伊那バスは原則日野・セレガハイデッカー車(化粧室付き4列シート車)で運行(他の高速系統と共通運用)。

高速バス廃止路線[編集]

路線バス[編集]

イーナちゃんバス[編集]

西箕輪線[編集]

  • 伊那市街と信州大学農学部・西箕輪方面とを結ぶ。
    運賃は150円〜600円。本社前から大学前まで340円、羽広まで510円、与地南まで600円。伊那営業所から大学前まで290円、羽広まで460円、与地南まで560円。

若宮・美原・手良・福島線[編集]

  • 伊那市街と若宮・美原地区、手良・福島地区を結ぶ。
    若宮・美原線の運賃は150〜730円(伊那営業所より、若宮1・2まで310円、美原5・美原入口〜美原西まで380円など)。
    若宮・美原・手良・福島線の運賃は150円〜900円(伊那営業所より福島宮前・手良農協前まで510円など)。

新山線[編集]

  • 伊那市街と新山地区とを結ぶ。
    運賃は150〜680円(伊那営業所から、下県まで290円、折戸まで640円など)。

地区循環 西春近方面[編集]

地区循環 富県・東春近方面[編集]

  • 天竜川左岸の富県・東春近の地域を循環する路線である。一部区間でフリー降車区間が存在する。
  • 運行日:毎週月・水・金曜日運行(祝祭日は運休)
  • 運賃:300円(小学生以下150円)

地区循環 新山方面[編集]

南箕輪村 まっくんバス[編集]

  • 南箕輪村を巡回するバス。村のマスコットキャラクターである松ぼっくりのまっくんが車体に描かれている。運行系統が四つに分割されているが北コース⇒南コース⇒東コース⇒南原・沢尻コースの順で直通している。
    北コース 役場 - 北殿駅 - 大芝高原 - 大学前 - 伊那中央病院 - 役場 ※南コースに直通  
    南コース 役場 - 田畑駅 - 伊那中央病院 - 大芝高原 - 役場 ※東コースに直通
    東コース 役場 - 中込 - 北殿駅 - 大芝高原 - 伊那中央病院 ※南原・沢尻コースに直通  
    南原・沢尻コース 伊那中央病院 - 南原 - 沢尻 - 伊那中央病院 - 大芝高原 - 役場 ※北コースに直通    
  • 運行日:平日(祝祭日は運休)
  • 運賃:一乗車200円(小学生以下100円)

駒ヶ岳ロープウェイ線[編集]

  • 駒ヶ根駅 - 菅の台バスセンター - しらび平
    中央アルプス観光との共同運行路線。駒ヶ根駅発着であるが駒ヶ根営業所が運行を担当する。
    最新車両であってもツーステップに座席定員重視といった、山岳路線である本路線の状況を考慮した車両が投入されている。

箕輪町 みのちゃんバス[編集]

松川町 コミュニティバス[編集]

生田線[編集]

部奈線[編集]

大鹿線[編集]

  • 大鹿村への唯一の公共交通手段である。
    運賃は150〜1080円。松川インター〜鹿塩・大河原間は1080円。伊那大島駅〜鹿塩・大河原間は980円。伊那大島駅〜松川インター間は240円。

南アルプス登山バス 鳥倉線[編集]

    • 1日2本。鳥倉登山口行は、松川インター発と大島駅前発が1本ずつ
    毎年夏季(ここ数年は、7月中旬〜8月最終日曜日)に運行する登山バス。
    運賃は150〜1,710円。伊那大島駅〜鳥倉登山口間は1,620円。松川インター〜鳥倉登山口間は1,710円。鹿塩〜鳥倉登山口間は1,050円(ただし登山客はザック料金として運賃の半額が別途徴収される)。

廃止路線[編集]

伊那本線[編集]

駒ヶ根・伊那・箕輪・辰野間を、長野県道146号・国道153号・長野県道19号などを経由して結ぶ路線。2000年10月1日に馬見塚入口〜本社前間が廃止になり、2010年3月31日の運行をもって全面廃止となった[14]。末期の運行本数は、平日のみで、伊那〜辰野系統は1日2往復のみであった。

  • 区間便も含めて1日12往復(日祝は6往復)運行されていた。駒ヶ根駅前から宮田まで15分、沢渡まで28分、伊那営業所まで45分、箕輪まで68分、辰野駅前まで95分で運行していた。
    2008年4月1日実施の改正では、伊那〜辰野間が東まわり・西まわり合わせて1日2往復、ベルシャイン伊北〜伊那間が3往復運行されていた(平日のみ)。2004年4月1日実施の改正では、西まわりが平日3往復、東まわりが平日1往復、新たに設定されたベルシャイン発着が1日3往復および平日2往復という本数だった。2000年10月1日の改正では、伊那〜辰野間は1日最大で11往復(西まわりは平日6往復+終日2往復、東まわりは平日2往復+終日1往復)だった。最大運賃は本社前〜辰野駅前間で530円だった。

営業所[編集]

廃止営業所[編集]

辰野営業所 

車両[編集]

  • 日野自動車がほとんどで、トヨタFIATを各1台保有している。
  • 一部の路線に低床バスの乗り入れが不可能な区間が存在するため、バリアフリー法の施行後も引き続き、ツーステップ車を導入している。

車両称号(一般車)[編集]

23 1 84
年式 車種 番号
  • 年式
    平成23年の場合であれば、23の数字が入る
  • 車種
    1…高速
    2…小型(マイクロバス。コミュニティー車両)
    5…日野大型10.5m以上
    6…いすゞ大型10.5m以上(現在は配置無し)
    7…貸切いすゞ車(現在配置無し)
    8…貸切日野車
    三菱ふそうと日産ディーゼル(現:UDトラックス)は導入実績なし。
  • 号車番号
    その際に登録される通し番号になる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 駒ヶ根営業所担当便、信南交通飯田営業所担当便、京王電鉄バス担当便は、無線LANサービスを備えている
  2. ^ 信南交通飯田営業所担当便、松川営業所担当便、京王電鉄バス担当便は、無線LANサービスを備えている
  3. ^ 松川営業所担当便、京王バス南担当便は、無線LANサービスを備えている
  4. ^ 2005年のダイヤ改正までは、本社営業所が横浜線を担当していたが、セレガGJ 平成2年式 専用車両が廃車になり、松川営業所に移管された。
  5. ^ 伊那バスの単独運行であるが、京浜急行バス 予約センター 横浜駅東口案内所車庫休憩提供+にて発券などで・信南交通飯田駅前・伊賀良各発券所にて、発券などの営業協力している
  6. ^ 2008年3月16日のダイヤ改正までは、一般道に降りて、伊那・駒ヶ根市内〔伊那インター前・伊那BT・沢渡・宮田(村役場近辺に停留所設置)駒ヶ根BTに停車していた。1993年9月1日より2008年3月16日まで、一般道へ降りていた。

出典[編集]

  1. ^ 運行ルートが①立川駅南口⇒昭島駅南口⇒拝島車庫
  2. ^ "a"立川バス1往復 伊那バス2往復 京王バス担当便1往復 ①②は立川駅まで同じルートであるが、①が伊那便 立川便が拝島営業所 ②京王便が
  3. ^ 運行ルートが②立川駅南口⇒八王子工業団地⇒南大沢駅"a"
  4. ^ 公衆無線LANサービス Wi2 300|リムジン・高速バス”. wi2 300. ワイヤ・アンド・ワイヤレス. 2013年3月12日閲覧。
  5. ^ 高速バス 長野線 - 飯田→長野”. 信南交通. 2013年3月12日閲覧。
  6. ^ 高速バス 長野線 - 長野→飯田”. 信南交通. 2013年3月12日閲覧。
  7. ^ a b c 伊那バス会社沿革平成元年12月22日大阪線運行開始 平成3年4月4日 伊那~大阪線 伊那~名古屋線を共に箕輪町まで新潟陸運局に延長申請
  8. ^ 伊那バスでは高速バス京都・大阪線(アルペン号)で紹介されているが、阪急バスでは 大阪⇔伊那・箕輪線もしくは アルペン伊那号で紹介されている。
  9. ^ 長野側は、伊那バス 信南交通 隔日交代運行
  10. ^ 信南交通 大阪線平成3年6月
  11. ^ [1]当時 1997年アルピコグループが案内してた。サイト 伊那バスはまだホームページを立ち上げてなかったため、2008年4月29日頃 ダイヤ改正伊那バス 2008年4月29日
  12. ^ “南アルプス号 運行終了”. 伊那MYウェブニュース (いなまい・ドットコム). (2009年7月31日). オリジナル2013年4月26日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/mYIiT 
  13. ^ 中部国際空港⇔伊那・箕輪線廃止”. 伊那バス. 2012年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月23日閲覧。
  14. ^ [2][リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]