伊藤隆 (キックボクサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊藤 隆(いとう たかし)
基本情報
階級 ウェルター級キックボクシング
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1970年9月22日(44歳)
出身地 埼玉県入間市
身長 184cm
体重 70kg
スタイル キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 31
KO勝ち 21
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

伊藤 隆(いとう たかし、男性、1970年9月22日 - )は、日本の元キックボクサーで現在はキックボクシングジム「TARGET」の会長である。埼玉県入間市出身。

概要[編集]

山木ジムに所属し、1998年から2000年の間、日本のウェルター級ではナンバーワンの実績を残したキックボクサーである[1]ミドルキックハイキック首相撲膝蹴りなど多彩で高度な技術を持ち、特に肘打ちを得意としていてこれで幾多の選手を血の海に沈め、入場時からの動き一つとっても華があり、試合ぶりも含めて世界に通用するスター選手らしさを随所に漂わせていた選手だった[1]。10戦目にして元ルンピニーウェルター級王者マーパロンの足をローキックでスネから粉砕骨折させ勝利。そこからは数々の強豪ジョン・ウェイン・パームラッド・サリセンティアンノーイ・ソールンロートから勝利を挙げた。当時、ムーブメントをおこしつつあったウェルター級ミドル級の中量級戦線の中心的選手として期待されていたが、2000年(平成12年)末の事故で脳にダメージを受けドクターストップがかかってしまい、引退となった[1]。同年11月のK-1 J・MAX(後にK-1 WORLD MAXシリーズとなる)後楽園大会で大野崇正道会館)と対戦し、判定勝ちを収め、これが現役最後の試合となった。

B21スペシャルデビット伊東は実兄である。

来歴[編集]

1998年

2000年

  • 3月20日 - センティアンノーイ・ソールンロート(1位:タイ)と対戦して5R2分28秒にTKO勝ち。WMAF世界スーパーウェルター級王座獲得。
  • 11月のK-1 J・MAX後楽園大会で大野崇(正道会館)と対戦し、判定勝ち。現役最後の試合となった。
  • 年末にマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟主催の年間表彰式で6戦6勝4KOの成績にて、最優秀選手賞を受賞。

2001年

  • 3月30日 - 引退興行が組まれ、魔裟斗と2分1Rのエキシビションマッチをした。後年、「K-1 J・MAXで魔裟斗がムラッド・サリをKOしたのを見て、引退を決意した」とも伝えられた[2]

2003年

獲得タイトル[編集]

受賞歴[編集]

  • 1998年度最優秀選手賞(MA日本) 1998年12月26日
  • 2000年度最優秀選手賞(MA日本) 2000年

エピソード[編集]

プロレスラー蝶野正洋との親交がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 新小田哲 (2001年3月26日). “伊藤隆引退記念興行。魔裟斗、小比類巻も出場” (日本語). 2010年2月16日閲覧。
  2. ^ 「私だけが知っている魔裟斗の素顔」、『GONKAKU』第2巻第6号、イースト・プレス、No.13、2008年、 27頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
伊達皇輝
第12代マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟ウェルター級王者

1997年9月23日 - 不明

次王者
後藤龍治
前王者
1998年創設
初代WMAF世界スーパーウェルター級王者

1998年5月22日 - 2001年9月22日

次王者
白須康仁