伊藤義弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊藤 義弘
千葉ロッテマリーンズ #30
Yoshihiro Ito 2010.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市早良区
生年月日 1982年6月2日(32歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 大学生・社会人ドラフト4巡目
初出場 2008年3月25日
年俸 3,800万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊藤 義弘(いとう よしひろ、1982年6月2日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東福岡高校では2年生だった1999年に二番手投手を務め、県大会で7試合中6試合にリリーフとして登板し選手権大会へ出場している[1]。本大会では初戦で青森山田に敗れた。3年夏には140km/h近い速球カーブを武器にエースとなった[2]が、県大会準々決勝で香月良太を擁する柳川に7回コールドで敗れている[3]

國學院大學に進学後、球速が150km/h近い速球派投手として注目された。大学卒業後の2005年東海旅客鉄道へ入社。2006年には中須賀諭とともに都市対抗出場の原動力となった。2007年はチームは本大会出場を逃したものの、王子製紙の補強選手として都市対抗に出場[4]、ベスト8入りに貢献した。同年のドラフト会議において千葉ロッテマリーンズにドラフト4巡目で指名を受けた。12月3日に契約金と年俸それぞれ6,000万円、1,000万円(いずれも推定)で入団契約を結び[5]背番号は前年まで小林雅英が着けていた30となっている。

プロ入り後[編集]

2008年YFKがそろって抜けたチームにあってリリーフとしてキャンプから期待され[6]、オープン戦では危険球で退場処分を受けた後も内角を攻めるなど強気の姿勢を見せた[7]。新人ながら開幕一軍入りを果たし、チーム4位の51試合に登板、防御率3.05の成績を収めた。序盤は大差で負けている場面での登板も多かったが、終盤は勝ち試合での継投に組み込まれ、勝敗はないながら9ホールドを挙げた。

2009年も好調を維持し、前年を上回るチーム最多の56試合に登板した。防御率4.55・2勝6敗と不安定ながらも12ホールドを挙げるなど、徐々に中継ぎ投手としての地位を確立している。

2010年は右肩痛で離脱した時期もあったが、勝ち試合の一員として登板し、最終戦では抑えを任されるなど、65試合に登板する大車輪の活躍を見せた。中日ドラゴンズとの日本シリーズでは4試合に登板。第4戦では大島洋平に決勝打を浴びて敗戦投手になったが、第7戦では12回表に犠打を決めて岡田幸文の決勝打に繋げ、投げても2回を抑え、胴上げ投手となった。

2011年9月1日の対日本ハム戦で7回1死の場面で打者・陽岱鋼の折れたバットが左すね内側を直撃し、救急車習志野市内の病院に運ばれた。検査の結果「左下腿三頭筋打撲挫創」と診断されている。

2012年は、キャンプで右肩痛を発症すると、その後も脇腹、右肩、ぎっくり腰、右肘、仙腸関節炎と故障を頻発した。シーズン終盤9月26日の対日本ハム戦でようやく復帰しシーズン初登板。以後6試合の登板にとどまり、プロ入り後続いたシーズン50試合登板が4年で途切れた。

2013年は開幕一軍入りしたものの3試合目で6失点と大炎上したのに始まり精彩を欠いて、17試合で防御率10点台という成績に終わった。

プレースタイル[編集]

平均球速約144km/h[8]、最速153km/hの速球[9]スライダーシュートを投げる[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 ロッテ 51 0 0 0 0 0 0 0 9 ---- 253 59.0 55 1 23 2 3 52 5 0 24 20 3.05 1.32
2009 56 0 0 0 0 2 6 0 12 .250 261 57.1 62 6 24 4 6 63 3 0 32 29 4.55 1.50
2010 65 0 0 0 0 1 2 1 30 .333 272 64.2 55 2 26 0 2 65 2 0 27 25 3.48 1.25
2011 50 0 0 0 0 1 1 0 15 .500 227 55.0 49 2 18 0 2 48 1 0 17 14 2.29 1.22
2012 6 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 24 6.0 8 0 1 0 0 3 0 0 4 2 3.00 1.50
2013 17 0 0 0 0 1 3 0 2 .250 95 18.2 32 1 9 0 0 14 0 0 23 22 10.61 2.20
通算:6年 245 0 0 0 0 5 13 1 70 .278 1132 260.2 261 12 101 6 13 245 11 0 127 112 3.87 1.39
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

  • 初登板:2008年3月25日、対福岡ソフトバンクホークス2回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、8回裏に3番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 初奪三振:同上、8回裏に田上秀則から空振り三振
  • 初ホールド:2008年3月26日、対福岡ソフトバンクホークス3回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、6回裏無死に3番手で救援登板、2回無失点
  • 初勝利:2009年4月30日、対オリックス・バファローズ6回戦(千葉マリンスタジアム)、10回表に3番手で救援登板・完了、2回無失点
  • 初セーブ:2010年10月1日、対オリックス・バファローズ24回戦(千葉マリンスタジアム)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点

背番号[編集]

  • 30 (2008年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1999年8月1日付朝刊、福岡地方面
  2. ^ 朝日新聞、2000年6月13日付朝刊、福岡地方面
  3. ^ 朝日新聞、2000年7月26日付朝刊、福岡地方面
  4. ^ 毎日新聞、2007年7月13日付朝刊、P.23
  5. ^ 読売新聞、2007年12月4日付朝刊、P.22
  6. ^ 読売新聞、2008年2月15日付朝刊、P.15
  7. ^ a b 読売新聞、2008年3月16日付朝刊、P.25
  8. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、81頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  9. ^ 毎日新聞、2007年11月20日付朝刊、愛知地方面

関連項目[編集]