伊藤彰 (漫画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊藤 彰
生誕
職業 漫画家
ジャンル ストーリー漫画
代表作 遊☆戯☆王R』(2004年 - 2008年
カードファイト!! ヴァンガード
2010年 - 連載中)
テンプレートを表示

伊藤 彰(いとう あきら)は、日本漫画家有限会社スタジオ・ダイス所属。 トレーディングカードゲームを題材とした作品を手がけている。

来歴[編集]

愛知県愛西市一色町出身[1]。漫画家である高橋和希のアシスタントとして、スタジオ・ダイスに所属した。その後、高橋が『週刊少年ジャンプ』で連載していた『遊☆戯☆王』のアナザーストーリーを手がけることになる。高橋の原案・監修の下、『Vジャンプ』にて『遊☆戯☆王R』を連載する。2004年6月号から2008年2月号まで、足かけ4年にわたって連載した。単行本化もなされているが、『Vジャンプ』連載作品にもかかわらず、「Vジャンプブックス」ではなく「ジャンプ・コミックス」より発刊されている。

その後、『カードファイト!! ヴァンガード』の漫画を手がけることになり、再びトレーディングカードゲームを題材とした作品に携わることとなった。『ケロケロエース』の2011年1月号より連載を開始した。また、『カードファイト!! ヴァンガード』は、『月刊コンプエース』にも再録されることになり、2011年2月号より連載されている[2]。さらに、アニメーション化もなされており、伊藤の名は原作としてクレジット表記されている[3]

人物[編集]

東京おもちゃショー
2010年7月に開催された東京おもちゃショーでは、伊藤の描いた漫画版『カードファイト!! ヴァンガード』の第1話がパネル化され、ブシロードのブースにて特別に展示された[4]。会場には、「ヴァンガードプロジェクト」の製作総指揮原案を務める木谷高明らとともに、伊藤も来場した[4]
中日ドラゴンズ
2011年5月7日中日ドラゴンズ読売巨人軍の試合にて、伊藤が始球式に登場している[5][6]

作品[編集]

漫画[編集]

テレビアニメ[編集]

カードゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日新聞2012年6月27日掲載記事より。<a href="https://twitter.com/Vg_akira/status/217795033410183169">Twitter 本人ツイートにて記事言及</a>
  2. ^ 「カードゲーム『ヴァンガード』を伊藤彰がコミカライズ」『コミックナタリー - カードゲーム「ヴァンガード」を伊藤彰がコミカライズ』ナターシャ、2010年12月27日
  3. ^ 「スタッフ」『カードファイト!! ヴァンガード|テレビ愛知テレビ愛知
  4. ^ a b 池田芳正「ブシロードの新TCG・カードファイトヴァンガード始動! 東京おもちゃショー2010に行ってきました!」『ブシロードの新TCG・カードファイト ヴァンガード始動!東京おもちゃショー2010に行ってきました! - カードキングダム・いけっち店長ブログ2010年7月17日
  5. ^ 「コミック原作者:伊藤彰先生がドラゴンズ戦で始球式! プレゼントもあるよ☆」『カードファイト!! ヴァンガード|テレビ愛知テレビ愛知2011年4月27日
  6. ^ 「『ヴァンガード』コミック原作者伊藤彰先生がドラゴンズ戦で始球式!」『東京ムービーblog:「ヴァンガード」コミック原作者伊藤彰先生がドラゴンズ戦で始球式! - livedoor Blog(ブログ)トムス・エンタテインメント2011年5月5日

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]