伊号第五五潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦歴
計画 昭和17年度計画(マル追計画
起工 1942年6月15日
進水 1943年4月20日
就役 1944年4月20日
その後 1944年7月14日戦没
除籍 1944年10月10日
性能諸元
排水量 基準:2,095トン 常備:2,564トン
水中:3,644トン[1]
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.12m
機関 艦本式22号10型(過給器付き)ディーゼル2基2軸
水上:4,700馬力
水中:1,200馬力
速力 水上:17.7kt
水中:6.5kt
航続距離 水上:16ktで21,000海里
水中:3ktで105海里
燃料 重油
乗員 94名[2]
兵装 40口径14cm単装砲2門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 なし
備考 安全潜航深度:100m

伊号第五五潜水艦(いごうだいごじゅうごせんすいかん)は、日本海軍潜水艦伊五二型潜水艦(丙型改潜水艦)として完成した最後の艦。艦名としては二代目。

初代伊55については伊号第一五五潜水艦、または伊一五三型潜水艦を参照のこと。

艦歴[編集]

1941年(昭和16年)のマル追計画で建造が計画され、1942年6月15日呉海軍工廠で起工、1943年4月20日進水、1944年4月20日に竣工した。

同日第6艦隊第11潜水戦隊に所属し訓練に従事。1944年7月7日横須賀を出港しテニアン島の飛行機搭乗員救出に向かう。14日「15日夜、テニアン島着の予定」の電報を最後に以後消息不明。アメリカ側記録によると14月朝、テニアン島付近で米駆逐艦の爆雷攻撃を受け沈没。15日テニアン島付近で喪失と認定、10月10日除籍。乗員112名全員戦死。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』421頁による。

艤装員長[編集]

  1. 井筒紋四郎 少佐:1944年3月5日 -

艦長[編集]

  1. 井筒紋四郎 少佐:1944年4月20日 - 7月14日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』によると水中排水量は2,644トンであるが同サイズの他艦より1,000トンほど軽く、おそらく誤植と思われる。
  2. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。

参考文献[編集]