伊号第二二潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Insert image here.svg
艦歴
計画 第三次海軍軍備補充計画(マル3計画
起工 1937年11月25日
進水 1938年12月23日
就役 1941年3月10日
その後 1942年11月12日亡失認定
除籍 1942年12月15日
性能諸元
排水量 基準:2,184トン 常備:2,554トン
水中:3,561トン
全長 109.3m
全幅 9.10m
吃水 5.34m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:14,000馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで60海里
燃料 重油
乗員 95名[1]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首8門
九五式魚雷20本
22号電探1基
航空機 なし
備考 安全潜航深度:100m

伊号第二二潜水艦(イごうだい22せんすいかん)は、大日本帝国海軍伊一六型潜水艦の四番艦。

艦歴[編集]

第三次海軍補充計画(通称(3)計画)により建造が決定し、1937年(昭和12年)11月25日に川崎造船所で起工、1941年(昭和16年)3月10日に竣工した。太平洋戦争開戦時には第6艦隊特別攻撃隊に所属して特殊潜航艇甲標的)をハワイ島沖まで輸送する任務を担った。本艦の搭載した艇には岩佐直治大尉及び佐々木直吉一等兵曹が搭乗していたが、駆逐艦による爆雷攻撃で撃沈したとみられる。その後ハワイ諸島のジョンストン島を艦砲射撃した。

1941年5月には特殊潜航艇によるシドニー港攻撃に参加。甲標的(艇長:松尾敬宇大尉、乗組員:都竹正雄二等兵曹)を輸送する。同艇はオーストラリア海軍の駆潜艇により撃沈された後、浮揚されて二名は火葬された。それから本土へ帰還した後、ソロモン諸島で哨戒任務につくも、1942年10月5日以降消息不明となり、同年11月12日に亡失認定され、同年12月15日、除籍となる。戦果は全艦歴通じて輸送船1隻であった。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』418頁による。

艤装員長[編集]

  1. (兼)藤井明義 中佐:1940年9月20日 -
  2. 揚田清猪 中佐:1940年11月15日 -

艦長[編集]

  1. 揚田清猪 中佐:1941年3月10日 -
  2. 成沢千直 少佐:1942年7月10日 - 11月12日戦死認定

脚注[編集]

  1. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。

参考文献[編集]