伊号第二一潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Insert image here.svg
艦歴
計画 第三次海軍軍備補充計画(マル3計画
起工 1939年1月7日
進水 1940年2月24日
就役 1941年7月15日
その後 1944年2月4日戦没
除籍 1944年4月30日
性能諸元
排水量 基準:2,198トン 常備:2,584トン[1]
水中:3,654トン
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.14m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで96海里
燃料 重油:774トン[2]
乗員 94名[3]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m

伊号第二一潜水艦(イごうだい21せんすいかん)は、大日本帝国海軍伊一五型潜水艦の4番艦。

艦歴[編集]

第三次海軍補充計画(通称(3)計画)によって計画され、1939年(昭和14年)1月7日起工、1941年7月15日竣工。通商破壊により、通算11隻の船を撃沈した。

竣工まもなく太平洋戦争が勃発。第6艦隊所属艦として作戦行動をとる。アメリカ西海岸沿岸における通商破壊作戦に参加し攻撃後商船2隻を撃沈。その後搭載水上機により、太平洋の島々の偵察を行った。

1942年、南太平洋を中心に活動し、ソロモン諸島で駆逐艦1隻及び商船3隻を撃沈する。その後ガダルカナル島への輸送を行う。1943年初頭にオーストラリア東岸沖で通商破壊により商船4隻撃沈の成果を挙げる。その後は一旦本土で補給と整備を受けた後に戦場に向かい輸送任務に就く。

1943年11月27日以降消息を絶つ。1944年2月4日アメリカ海軍フレッチャー級駆逐艦チャレット英語版」によりマーシャル諸島で撃沈された[4]。1944年4月30日、除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』404頁による。

艤装員長[編集]

  • 入江達 中佐:1941年1月31日 -

艦長[編集]

  • 入江達 中佐:1941年7月15日 -
  • 松村寛治 中佐:1941年10月31日 - 1942年3月16日
  • 稲田洋 中佐:1943年3月16日 -

脚注[編集]

  1. ^ 常備排水量:2,589トンとする資料もある。
  2. ^ 燃料搭載量は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。752.6トンとする資料もある。
  3. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  4. ^ WIKIPEDIA英語版Japanese submarine I-21 18:06, 10 July 2007による。

参考文献[編集]

関連項目[編集]