伊号第一一潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Insert image here.svg
艦歴
計画 第四次海軍軍備補充計画(マル4計画
起工 1939年4月10日[1]
進水 1941年2月5日
就役 1942年5月16日
その後 1944年3月20日亡失認定
除籍 1944年4月30日
性能諸元
排水量 基準:2,434トン 常備:2,919トン
水中:4,150トン
全長 113.7m
全幅 9.55m
吃水 5.36m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,400馬力
速力 水上:23.5kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで16,000海里
水中:3ktで90海里
燃料 重油:878トン
乗員 104名(潜水戦隊司令部を含む)[2]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装2基4挺
魚雷発射管 艦首6門
53cm九五式魚雷18本
九三式探信儀1基
九三式聴音機1基
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m
行動期間:3ヶ月

伊号第一一潜水艦(いごうだいじゅういちせんすいかん)は、日本海軍潜水艦伊九型潜水艦(巡潜甲型)の3番艦。1944年(昭和19年)フナフチ南方方面で沈没認定。

艦歴[編集]

1939年昭和19年)の第四次海軍補充計画(マル4計画)により川崎造船所1939年(昭和14年)4月10日起工[1]1941年(昭和16年)2月5日進水、1942年(昭和17年)5月16日に竣工した。呉鎮守府籍。

竣工後は呉港を母港として活動し、主として南太平洋で活動した。1942年(昭和17年)6月7日に呉を出港後、オーストラリア周辺海域で通商破壊に従事し3隻の商船を撃沈する。同年9月7日、航空機からの攻撃を受けて破損したため呉に寄航。翌1943年(昭和18年)1月9日再び任務につき通商破壊の任務に就くが成果は得られなかった。7月20日にオーストラリア海軍軽巡洋艦ホバート」に対して魚雷攻撃を行い2本命中、大破させる。12月31日フナフチを偵察、1944年1月11日、エリス、サモア方面への移動が命ぜられたが以後消息不明、3月20日をもってフナフチ南方で沈没と認定された。艦長以下114名全員戦死、生存者はなし。同年4月30日、除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』400頁による。

艤装員長[編集]

  1. 七字恒雄 中佐:1942年2月10日 -

艦長[編集]

  1. 七字恒雄 中佐:1942年5月16日 -
  2. 田上明次 中佐:1943年7月7日 -
  3. 伊豆寿市[3] 中佐:1943年10月10日 - 1944年3月20日戦死認定

脚注[編集]

  1. ^ a b 『昭和造船史』によると1940年4月10日起工。
  2. ^ データは『写真 日本の軍艦vol.12』より。『艦長たちの軍艦史』によると114名であるがこれは伊12のデータと混同している可能性がある。
  3. ^ 『艦長たちの軍艦史』によると伊豆寿一。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9