伊五二型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊五二型潜水艦(丙型改)
艦級概観
艦種 一等潜水艦
艦名
前級 伊一六型潜水艦(巡潜丙型)
次級 -
性能諸元
排水量 基準:2,095トン 常備:2,564トン
水中:3,644トン[1]
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.12m
機関 艦本式22号10型(過給器付き)ディーゼル2基2軸
水上:4,700馬力
水中:1,200馬力
速力 水上:17.7kt
水中:6.5kt
航続距離 水上:16ktで21,000海里
水中:3ktで105海里
燃料 重油
乗員 94名[2]
兵装 40口径14cm単装砲2門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 なし
備考 安全潜航深度:100m

伊五二型潜水艦(いごじゅうにがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦の艦級。丙型改(へいがたかい)潜水艦とも呼ばれる。3隻が建造されて1943年末から1944年上半期にかけて竣工し、伊号第五三潜水艦以外の2隻は戦没した。

艦型[編集]

丙型潜水艦ではあるが艦型は乙型改2潜水艦(計画番号S37C)の航空設備を撤去した船型である。計画番号がS37Dであることからもそれがわかる。(乙型潜水艦の計画番号はS37、一方丙型潜水艦S38である。)乙型で格納筒のあった艦前部には14cm砲1門を搭載し、後部甲板と合わせて2門とした。魚雷発射管は乙型改2と同じく艦首に6門、ただし魚雷本数は17本であった。

1944年(昭和19年)後半に伊57は後部14cm砲を撤去し回天4基を搭載した。この時期に22号電探と逆探も設置と推定される。1945年(昭和20年)に入り前部14cm砲も撤去し前甲板に2基の回天を追加搭載した。このころ13号電探とシュノーケル装置の装備も実施したと思われる。

戦歴[編集]

伊52は遣独潜水艦作戦の第5陣としてドイツへ向かったがフランスビスケー湾で戦没、伊55はテニアン島へ搭乗員救助へ向かったが戦没、いずれも初陣であった。伊53はニューアイルランド島・カビエン北方、フィリピン東方と出撃したが戦果無し。その後回天攻撃隊として3回出撃、戦後米軍により海没処分された。

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9

脚注[編集]

  1. ^ 『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』によると水中排水量は2,644トンであるが同サイズの他艦より1,000トンほど軽く、おそらく誤植と思われる。
  2. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。

関連項目[編集]