企業アプリケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

企業アプリケーション・ソフトウェア はビジネス機能を実行するアプリケーション・ソフトウェアである。例えば、会計、生産スケジューリング、顧客情報追跡、預金口座管理などがある。通常はサーバにホストされ、同じ組織の従業員によって同時に使用される。メジャーなサブカテゴリとして、ERP(企業資源計画)、CRM(顧客関係管理)、SCM(サプライチェーン・マネジメント) などがある。他のカテゴリとしては、銀行、保険業、大学、病院、民間政府など、ユーザの産業に固有な機能を供給する。

別の定義としては、企業アプリケーションとは、一般にはコンピュータ・ネットワークを通じて、多数のユーザに同時にサービスを提供するサーバでホストされているソフトウェア・アプリケーションである。この定義はもっと一般的なシングル・ユーザのソフトウェア・アプリケーションと対照をなす。後者は、ユーザのローカル・コンピュータで実行され、一人のユーザにのみサービスを提供する。