仮面の忍者 花丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仮面の忍者 花丸
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ナウプロダクション
発売元 カプコン
人数 1人
メディア 2メガビットロムカセット[1]
発売日 日本の旗1990年3月16日
アメリカ合衆国の旗1990年11月
テンプレートを表示

仮面の忍者 花丸』(かめんのにんじゃ はなまる)は、1990年3月16日カプコンが発売したファミリーコンピュータコンピュータゲームである。日本国外版のタイトルは『Yo! Noid』で、キャラクターを変更し販売された。

ゲーム内容[編集]

プレイヤーは花丸を操作して、全14ステージを攻略していく。操作方法はAボタンでジャンプ、Bボタンで鷹丸で攻撃。空中ステージやスケボーステージでは攻撃できない。敵に接触したり、海や崖から落ちたり、タイムがゼロになるとミスとなり、3回ミスするとゲームオーバー。コンティニューでステージの最初からやり直せる。初期状態のコンティニュー数は3。コンティニュー数はボス戦や隠しステージなどで増やせる。

ステージ中の特定の場所でジャンプすると画面が切り替わり、隠しステージに入る。ここではもぐら叩きゲームが行われ、時間内に一定のポイントを獲得出来たらステージクリアとなり、コンティニュー数も1回増える。獲得出来なかったら残機が1機減り、そのステージの最初に戻される。

[編集]

術アイテムを取っていれば、十字キーの下+Bボタンで忍術を使用できる。忍術は4種類で、使用するには術ポイントが必要。

  • 雷の術 - 術ポイントを10使用して、画面上全ての敵を全滅させる
  • 地響の術 - 術ポイントを5使用して、地上にいる敵を全滅させる
  • 火の鳥の術 - 術ポイントを2使用して、鷹丸を火の鳥に変化させ、敵を一撃で倒す
  • 早駆の術 - 術ポイントを5使用して、移動速度やジャンプ力が10秒間上がる

アイテム[編集]

ステージで出る。ミスした場合そのステージで取ったアイテムは無くなるが、2倍・3倍カードは引き継がれる。

  • 巻物(小) - 術ポイントが1増える
  • 巻物(大) - 術ポイントが5増え、取る前に鷹丸で攻撃すると巻物が開き術アイテムに変化する
  • 1up - 残機が1機増える
  • 風車 - 一定時間無敵となり、足も速くなる(形がロックマンシリーズの弥七に似ている)
ボス戦時に使用
  • 2倍カード - カードの数字を2倍にする
  • 3倍カード - カードの数字を3倍にする
  • 防御カード - ボスの攻撃を防ぐ
  • ライフ回復カード - ライフを5回復する

ボス戦[編集]

奇数のステージと最終ステージにはボスがおり、ボス戦はカードバトルである。敵が出したカードより数字の多いカードを出し、数が多い方が数字の差分だけダメージを与えられる。同じ数字は引き分け。相手のライフをゼロにするか、カードが無くなった時点でライフが多ければ勝ち。花丸のライフがゼロになったり、制限時間内にカードを決めないと残機が1減り、ステージの最初に戻される。勝ったときにライフが満タンだと、コンティニュー数が1増える。

ストーリー[編集]

赤い仮面をつけた少年忍者・花丸はまだまだ修行中の身。日々の鍛錬に励んでいたが、ある日頭領に呼び出され、「遊びの島」という大レジャーランドで子供が次々と行方不明になっている事件の解決を命じられた。どうやら子供達は何者かにさらわれているらしく、犯人をおびき出すには子供の忍者である花丸が適任とされたのだ。ロボット鷹の鷹丸と共に島に上陸した花丸に、怪しげな連中が襲い掛かってきた。

キャラクター[編集]

花丸
プレイヤーキャラ。赤い仮面をつけた少年忍者。仮面の忍者 赤影によく似ている。後に同社のクイズゲーム『ハテナ?の大冒険』にも登場している。
鷹丸
花丸の相棒のロボット鷹。花丸の武器になったり、空中ステージでは花丸を掴んで飛ぶ。
ガマ童子 飛之助
ステージ1のボス。巨大なガマガエルに乗っている。後に『ハテナ?の大冒険』にも登場。
岩入道 ガン鉄
ステージ3のボス。その名のとおり、巨大な岩の巨人。
カマイタチ パンク郎
ステージ5のボス。モヒカンヘッドにカギ爪装備という風貌だが、戦闘でカギ爪は使わない。後に『ハテナ?の大冒険』にも登場。
鬼子母神 ヤリ蔵
ステージ7のボス。槍を持った鬼のような格好をした忍者。使用するカードは高い数字のものが多い。
地獄花 姫ユリ
ステージ9のボス。可愛い女の子。
ガチャ忍 ロボ十郎
ステージ11のボス。宇宙服のような風貌のロボット忍者。
不動児 ミカゲ
ステージ13のボス。隻眼の中年忍者。後に『ハテナ?の大冒険』にも登場。
ぼす
最終ステージ14のボス。ミカゲの色違い。

海外版での違い[編集]

  • キャラクターがアメリカのドミノピザのマスコットであった「The Noid」に変更されている。
  • 攻撃方法は花丸の相棒の鷹丸を飛ばすのではなく、「The Noid」の持つヨーヨーで攻撃する。
  • ボスバトル、クリア時の他、一部ステージのメロディーが変更されている。
  • 最終ボスバトルは忍術比べから、ピザの大食いバトルに変更されている(内容は同じ)。
  • 敵キャラや背景が一部変更されている。

評価[編集]

ファミリーコンピュータMagazineの読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、30点満点中18.49点となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.60 3.01 2.91 3.06 2.96 2.95 18.49

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 67頁。