仮想粒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仮想粒子(かそうりゅうし、virtual particle)とは、粒子素粒子)間の反応の際の中間過程において現れ(=生成し消滅し)、その存在を考慮しなくてはならない(= virtual)粒子を指す。 場の量子論に従い反応に関する量を計算する際には、この存在を考慮することによって、始めて正しい答えが得られる。

実粒子と仮想粒子[編集]

実在粒子を、実粒子と仮想粒子に二分して考えることができる。

実粒子[編集]

実験で観測される粒子は、エネルギー E, 運動量 p, 質量 m のあいだに特殊相対性理論から従う

m^2 = E^2 - p^2

という関係を満たしている場合である。これを強調したい場合に実粒子と呼ぶことがある。

仮想粒子[編集]

実験では直接観測されない(従って上記関係を満たさない)の粒子は、反応の中間過程において生成消滅することになるが、特に実粒子と区別したい場合に、仮想粒子と呼ぶ。

いくつかの例[編集]