仙石原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仙石原
—  大字  —
金時山山頂よりみた仙石原地区
左に箱根火山の中央火口丘である神山、その手前が台ヶ岳
仙石原の位置
仙石原
座標: 北緯35度16分10.7秒 東経139度00分36.9秒 / 北緯35.269639度 東経139.010250度 / 35.269639; 139.010250
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 神奈川県
足柄下郡
市町村 箱根町
標高 640m (2,100ft)
人口 (2010年(平成22年)10月1日現在)
 - 計 4,027人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 250-0631
市外局番 0460
ナンバープレート 湘南

仙石原(せんごくはら、せんごくばら)は神奈川県足柄下郡箱根町の地名。郵便番号は250-0631。ススキ草原仙石原温泉で知られる。アニメ新世紀エヴァンゲリオンの舞台、第三新東京市としても知られる。

地理[編集]

紀元前1,000年ころに、神山の北西斜面で水蒸気爆発が起こり、これが引き金となって崩壊が起こり、大量の土砂が神山岩屑なだれとなって仙石原に流れ込んだ。その後、神山北西斜面の崩壊跡に地下からマグマが上昇し、冠ヶ岳ができ、冠ヶ岳火砕流が繰り返し北西斜面を流れ下り、このとき崩れた土砂が仙石原をつくった。弥生時代中期には、多量の土砂のせき止めによって、古芦ノ湖の仙石原部分が湿地化し、農耕民が住み始めた。

箱根火山カルデラ内の北部に位置し、湿原草原が広がる。総面積は約16ha。これはかつてこの地域がカルデラ湖の一部だった名残りである。富士箱根伊豆国立公園に指定されている。現在は一部が別荘地やゴルフ場として整備されている。現在は2005年にオープンした箱根ラリック美術館をはじめ、ポーラ美術館星の王子さまミュージアム箱根ガラスの森等の美術館が点在し、美術館目当ての観光客も多い。

[編集]

[編集]

河川[編集]


明神ヶ岳(みょうじんがたけ) 明星ヶ岳(みょうじょうがたけ) 小塚山(こづかやま) 台ヶ岳(だいがたけ) 大涌谷(おおわくだに) 神山(かみやま) 箱根峠(はこねとうげ) 三国山(みくにやま) 古期外輪山(こきがいりんざん) 古期外輪山(こきがいりんざん) 仙石原(せんごくばら) すすき草原 中央火口丘(ちゅうおうかこうきゅう) 湖尻(こじり) 芦ノ湖(あしのこ) 駿河湾(するがわん)View from Mt.Marudake 01-2.jpg
画像の詳細
金時山南西の丸岳山頂付近からみた仙石原と周辺の山々 (2012年9月撮影)

歴史[編集]

古くは、千穀原とも書いた。

地名の由来[編集]

複数の説がある。

沿革[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

箱根ロープウェイ

バス[編集]

 「仙石原」は広域の名称であり、単に「仙石原」と称する停留所はない(「仙石原小学校前」「仙石原文化センター前」のように、他の名称を含むものは存在する)。拠点となる停留所としては、「仙石」・「仙石案内所前」・「仙郷楼前」などがある。すすき草原小田急箱根高速バス箱根登山バスの「仙石高原」停留所が最寄である。

道路[編集]

施設[編集]

箱根湿生花園(2007年5月)


文化財[編集]

行事[編集]

  • 3月 - すすき草原野焼き
  • 3月27日 - 仙石原諏訪神社にて例大祭が行われる。
    「湯立獅子舞」(仙石原神楽保存会)が行われる。
  • 5月5日 - 金時神社にて金時祭が行われる。
  • 7月第三日曜日 - 仙石原諏訪神社より御神輿が町内を練り歩く天王祭が行われる。
    家内安全・無病息災・商売繁盛を願い各家を一軒一軒周り地元の仙石原青年団が御神輿を左右に揺らし飛び跳ねる。
  • 8月13・14・15日 - 仙石原文化センターにて青年団による納涼盆踊り大会。
  • 8月下旬 - 仙石原文化センターにてすすき祭。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

参照[編集]

  1. ^ 新編相模国風土記稿
  2. ^ 同年9月3日、郵政省告示第461号「八十円郵便切手の様式の件」

参考文献[編集]

関連項目[編集]