仙台ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2008年1月に宮城郡利府町から仙台市へ移転したらーめん本竈の全部入り醤油味ラーメン
味よしの辛味噌ラーメン
だいずの三色味噌ラーメン


仙台ラーメン(せんだいラーメン)とは、宮城県仙台市周辺で食されてきたラーメンである。一般的な知名度は低いが、東北随一の歓楽街をかかえるところから独自の発展を遂げてきた。また、仙台は伊達政宗の頃から味噌が特産品であり、味噌ベースのラーメンが比較的多い。

一般的な仙台ラーメン[編集]

仙台においては、「ラーメン味よし」が古くから名店として有名である。この店のスタイルの「辛味噌ラーメン」を仙台の代表的ラーメンとする風潮が強い。テーブルマーク(旧:加ト吉)からご当地ラーメン物として仙台風辛味噌ラーメンのカップ麺が発売されている。ただし、一般的なラーメン屋で出される味噌ラーメンよりも唐辛子が多めに入っているため、辛すぎると評する人もいる。

東日本大震災以降では、三色らーめんを提供する「麺屋だいず」や、仙台ブラック・レッドを提供する「飛梅」など、スパイスをきかせた現代のラーメン第四世代が新しいご当地の「辛味噌」を提供している。

その他の仙台におけるラーメン[編集]

多くの大都市の例に漏れず、仙台も多種多様なラーメン店が開店・進出してきている。各地方風のラーメンを市内で食べることができる。ラーメンのテーマパークも進出した。

国分町とラーメン[編集]

国分町は東北一の飲食街・歓楽街である。当然ながらラーメン店も多く所在し、一杯飲んでから〆にラーメンを食べるというスタイルも存在する。しかし、札幌風、東京風、喜多方風、博多風それぞれにファンが多く、むしろ仙台は他のご当地ラーメンにとって激戦区であるといえる。

チェーン店[編集]

チェーン店として「ラーメン堂仙台っ子」がある。