仙がい義梵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「仙厓義梵」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
仙厓義梵
1750年 - 1837年
生地 美濃国
没地 筑前国
宗派 臨済宗
寺院 聖福寺
空印円虚月船禅慧

仙厓義梵(せんがい ぎぼん、寛延3年(1750年) - 天保8年(1837年))は江戸時代臨済宗古月派禅僧画家。禅味溢れる絵画で知られる。

美濃国武儀郡で生まれ、月船禅彗に師事。博多聖福寺の住持を二十年務め、多くの洒脱・飄逸な絵画(禅画)を残す。東京の出光美術館は仙厓の絵のコレクションで知られている。

エピソード[編集]

仙厓はその奔放な生き方をもって知られており、狂歌も多く詠んだ。有名なものとしては、美濃国において新任の家老が悪政を行ったことに対して「よかろうと思う家老は悪かろう もとの家老がやはりよかろう」という狂歌を詠んだ。後に美濃国を追放された際には美濃国と掛詞とし「から傘を広げてみれば天が下 たとえ降るとも蓑は頼まじ」とうたった。

また、絵を依頼に来る者が後を絶たないことについても、自分の家をトイレになぞらえる狂歌を残している。その心は、誰もが来ては紙を置いていくということである(「うらめしやわがかくれ家は雪隠か 来る人ごとに紙おいてゆく」)。

辞世の言葉は「死にとうない」だったという逸話がある。ただし、同様の逸話は一休宗純にもある。

代表作[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]