仕掛品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仕掛品(しかかりひん、: work in process, in-process inventory)とは、工業簿記または企業会計において、製造途中にある製品のこと。原材料をいくらかでも加工してあれば仕掛品として認識される。半製品とは異なり、それ自身での販売や、交換価値を見込めないものを言う。

勘定科目としての仕掛品勘定は、棚卸資産に分類され、流動資産である。