仏隆寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仏隆寺
Butsuryuji Uda01.jpg
境内
所在地 奈良県宇陀市榛原赤埴1684
位置 北緯34度30分55.1秒
東経136度0分34.8秒
座標: 北緯34度30分55.1秒 東経136度0分34.8秒
山号 摩尼山
宗派 真言宗室生寺派
本尊 十一面観音
創建年 伝・嘉祥3年(850年
開基 伝・堅恵
文化財 石室(国の重要文化財)
テンプレートを表示
石室(重要文化財)

仏隆寺(ぶつりゅうじ)は奈良県宇陀市榛原赤埴(はいばらあかばね=旧榛原町域)にある真言宗室生寺派の寺院である。山号は摩尼山。本尊は十一面観音

概要[編集]

室生寺の南門として本寺と末寺の関係にある。 空海(弘法大師)が唐から持ち帰った最古の茶を栽培したといわれ、大和茶発祥の地とされる。彼岸の頃には約200段もの石段の両側をヒガンバナの花が埋め尽くす。

歴史[編集]

平安時代前期の嘉祥3年(850年)に空海(弘法大師)の高弟・堅恵(けんね)により創建されたと伝わるが、それ以前に奈良・興福寺修円が創建したともいわれる。

文化財[編集]

  • 石室(重要文化財) - 内部に堅恵の墓と伝えられる五輪塔がある。
  • 十三重石塔 - 元徳2年(1330年)の銘がある。
  • 仏隆寺のサクラの巨樹(奈良県指定天然記念物)
  • 茶臼 - 空海が唐から持ち帰ったと伝えられる。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]