今井三子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

今井 三子(いまい さんし、1900年2月20日 - 1976年1月9日)は日本の植物学者、菌学者である。

群馬県中之条町に生まれた。北海道帝国大学を卒業し、北大の助手、師範学校教授となり、1944年から北大助教授を兼任した。1949年から北海道学芸大学教授、1953年に横浜国立大学教授を務めた。

菌類の分類学、植物病理学の分野で貢献した。

アミガサタケ科イモタケ属 (Imaia)やチチタケ属の種、Lactarius imaianusの学名に献名されている。

著作[編集]

  • Sanshi Imai (1929) "On the Clavariaceae of Japan: I". Transactions of the Sapporo Natural History Society Vol. 11, No. 1, pp. 38–45.
  • Sanshi Imai (1930) "On the Clavariaceae of Japan: II". Transactions of the Sapporo Natural History Society Vol. 11, No. 2, pp. 70–77.
  • Sanshi Imai (1931) "On the Clavariaceae of Japan: III. The species of Clavaria found in Hokkaido and Southern Saghalien". Transactions of the Sapporo Natural History Society Vol. 12, No. 1, pp. 9–12.
  • Sanshi Imai (1932) "Contributions to the knowledge of the classification of the Helvellaceae". Botanical Magazine (Tokyo) 46:544, pp. 172–175.
  • Sanshi Imai (1932) "Studies on the Hypocreaceae of Japan: I. Podostroma". Transactions of the Sapporo Natural History Society Vol. 12, pp. 114–118.
  • Sanshi Imai (1933) "Studies on the Agaricaceae of Japan: I. Volvate Agarics in Hokkaido". Botanical Magazine (Tokyo) Vol. 47, No. 558, pp. 423–432.
  • 『一般生物学』北隆館 (1955年)

参考文献[編集]