仇衡王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仇衡王
金官伽倻
第10代国王
王朝 金官伽倻
在位期間 521年 - 532年
姓・諱
仇亥
廟号 讓王、世宗
生年 不詳
没年 不詳
鉗知王
后妃 桂花
仇衡王
各種表記
ハングル 구형왕
漢字 仇衡王
発音 グヒョンワン
日本語読み: きゅうこうおう
テンプレートを表示

仇衡王(きゅうこうおう、生没年不詳)は、金官伽倻の第10代にして最後の王(在位:521年 - 532年)。讓王とも。廟号は世宗。父は鉗知王、母は淑である。王妃は桂花、息子に金奴宗金武德金武力[1]がいる。

日本書紀によると529年4月継体天皇23年)に、仇衡王が来日し、その月の内に帰国したと記されている。

異説[編集]

韓国言語学者姜吉云(カン・ギルウン)の説によると、欽明天皇509年 - 571年、在位:539年 - 571年)は、仇衡王が日本に移住後に「志帰嶋大王」として即位したものとしている。日本でもドイツ文学者で古代史の愛好家だった鈴木武樹が同様の主張をしていた[2]

参考文献[編集]

  • 倭の正体』姜吉云、三五館、2010年 ISBN 978-4-88320-465-6
  • 『日本古代史99の謎』鈴木武樹、産報出版、1975年
  • 『古代史の魅惑と危険』鈴木武樹、亜紀書房、1977年

脚注[編集]

  1. ^ 新羅第30代文武王は、仇衡王の玄孫で金武力金舒玄文明王后(金文姫)→文武王の順。
  2. ^ 鈴木武樹『日本古代史99の謎』228頁、及び『古代史の魅惑と危険』155頁・173頁

関連項目[編集]


先代:
鉗知王
金官伽倻王
第10代: 521年 - 532年
次代:
断絶