仁風閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仁風閣

仁風閣(じんぷうかく)は鳥取県鳥取市にあるフレンチルネッサンス様式の西洋館中国地方屈指の明治建築として名高く、1973年6月2日には国の重要文化財に指定されている。

1907年、当時の皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰行啓時の宿泊施設として鳥取城跡の扇御殿跡に建てられた、旧鳥取藩主池田仲博侯爵の別邸である。「仁風閣」の館名は、この行啓に随行した元帥海軍大将東郷平八郎が命したもの。他の文化人等(作家や歌人など)の所蔵資料が、展示されていることもある。

館内には鳥取藩と池田家に関する資料などが展示されている。2階のガラス張りのバルコニーからは池泉回遊式日本庭園の宝隆院庭園を一望できる。正面右の尖塔は館内にある螺旋階段用角尖塔である。

見所[編集]

宝隆院庭園と仁風閣
御食堂
  • 御座所
  • 御食堂
  • 宝隆院庭園
  • 「仁風閣」額(東郷平八郎直筆)

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 9時~17時(入館は16時30分まで)
  • 休館日 - 月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、年末年始
  • 観覧料 - 一般150円(小・中・高校生は無料)

建築概要[編集]

  • 設計 - 片山東熊、橋本平蔵
  • 施工 - 浜田芳藏
  • 起工 - 1906年9月
  • 竣工 - 1907年5月
  • 敷地面積 - 7,200m²
  • 延床面積 - 1,046m²
  • 構造・規模 - 木造・地上2階
  • 延経費 - 43,335円
  • 所在地 - 〒680-0011 鳥取県鳥取市東町2丁目121番地

交通アクセス[編集]

  • 山陰本線 鳥取駅 徒歩30分、またはバス5分「西町」下車徒歩5分、鳥取市100円循環バスくる梨緑コース「仁風閣・県立博物館」下車。

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度30分25.9秒 東経134度14分15秒