人面樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔百鬼拾遺』より「人面樹」

人面樹(にんめんじゅ、じんめんじゅ)は、鳥山石燕による江戸時代妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある中国の伝承上の[1]

概要[編集]

画図では人の首のようなを咲かせた木が描かれており、解説文には以下のようにある。

山谷にあり その花人の首のごとし ものいはずしてたゞ笑ふ事しきりなり しきりにわらへば そのまま落花すといふ[2]

『今昔百鬼拾遺』では日本の妖怪以外に、江戸時代の百科事典『和漢三才図会』にある日本国外の動植物や妖怪についても掲載されており、この「人面樹」も、『和漢三才図会』が中国の書『三才図会』から引用して掲載している、「大食国(だいしこく)」という国にあるという木を描いたものである[2]

『三才図会』によれば、大食国は西南千里にある国で、この木は人の首のような花をつけ、問いかけると花が笑いかけるが人語を解することはなく、あまりに笑うと花がしぼんで落ちてしまう、とある[3]会津の奇談集『老媼茶話』でも、この木を『三才図会』から引用して同様に述べている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多田克己 『百鬼解読』 講談社講談社文庫〉、2006年、20頁。ISBN 978-4-06-275484-2
  2. ^ a b 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、191頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  3. ^ 寺島良安 『和漢三才図会』3、島田勇雄・竹島淳夫・樋口元巳訳注、平凡社東洋文庫〉、1986年、319頁。ISBN 978-4-582-80456-0
  4. ^ 三坂春編 「老媼茶話」『近世奇談集成』1、高田衛校訂代表、国書刊行会〈〈叢書江戸文庫〉、1992年、24頁。ISBN 978-4-336-03012-2