人間兵器デッドフォックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人間兵器デッドフォックス
ジャンル アクションシューティングゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 カプコン
人数 1人
メディア カセット
発売日 1990年2月23日
その他 ASIN B003O1P4WQ
テンプレートを表示

人間兵器デッドフォックス(英題:Code Name: Viper)は1990年カプコンから発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームである。 ゲームシステムや操作性などはナムコローリングサンダーに似た部分があるが、ジャンプ中に弾を撃つ機能を付与したまったく新しいゲームである。

あらすじ[編集]

第98特殊工作部隊、別名―デッドフォックス部隊―中でも、あらゆる困難、そして、不可能をも実行してしまう男たちがいた。彼らは、自らを戦闘マシーンと化し人間兵器に鍛えあげた。彼らは”特殊任務官”と言う名称があるが、その部隊の名を取り、”デッドフォックス”とも呼ばれている。

199X年5月、世界は麻薬に汚染されつつあった。街中中毒患者であふれ一般の人々に恐怖をもたらしていた。その中、麻薬組織を壊滅すべく動いていたFBIは、巨大麻薬組織のアジトを発見した。直接、手をくだせないFBIはデッドフォックス部隊にこの件を依頼したのだ。アジトは南米に7ヶ所。そこに対し爆破部員を送り込んだのだが連絡が途絶えてしまった。そこでジョーンズ司令官は、1人の部下を呼んだ。彼の名はケニー・スミス。「巨大麻薬組織の壊滅と捕われている人質救出」それが彼の任務だ。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 説明書のストーリーより

外部リンク[編集]