人生はノー・リターン 〜僕とオカン、涙の3000マイル〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人生はノー・リターン
〜僕とオカン、涙の3000マイル〜
The Guilt Trip
監督 アン・フレッチャー
脚本 ダン・フォーゲルマン
製作 ローン・マイケルズ
ジョン・ゴールドウィン英語版
エヴァン・ゴールドバーグ
製作総指揮 セス・ローゲン
バーブラ・ストライサンド
メアリー・マクラグレン
ダン・フォーゲルマン
デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
エヴァン・ゴールドバーグ
ポール・シュウェイク
出演者 バーブラ・ストライサンド
セス・ローゲン
音楽 クリストフ・ベック[1]
撮影 オリヴァー・ステイプルトン
編集 デイナ・E・グローバーマン
プリシラ・ネッド・フレンドリー
製作会社 スカイダンス・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 2012年12月19日
上映時間 95分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[3]
興行収入 $41,030,582[3]
テンプレートを表示

人生はノー・リターン 〜僕とオカン、涙の3000マイル〜』(じんせいはノーリターン ぼくとオカン なみだのさんぜんマイル、原題: The Guilt Trip )は、アン・フレッチャー監督、ダン・フォーゲルマン脚本、バーブラ・ストライサンドセス・ローゲン主演による2012年のアメリカ合衆国のコメディ・ドラマ映画英語版である。

ストライサンドにとっては1996年の『マンハッタン・ラプソディ』以来の主演映画である[4]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

本作は脚本のダン・フォーゲルマンとその母がニュージャージー州からラスベガスへ旅行した実話が基となっている[5]。撮影は2011年5月から7月にかけて『My Mother's Curse 』というワーキング・タイトルで行われた[5]。その後同年末にタイトルは『The Guilt Trip 』に変更された[6]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは118件のレビューで支持率は37%で「ロッテン(腐敗)」となった[7]Metacriticでは29媒体の批評を基に加重平均値は50/100となった[8]

第33回ゴールデンラズベリー賞ではストライサンドが最低主演女優賞にノミネートされた[9]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]