人生のミサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人生のミサ』(じんせいのミサ、: Eine Messe des Lebens)は、イギリス作曲家フレデリック・ディーリアス1905年に完成した合唱曲。第2部のみの初演が1908年ミュンヘンで行われ、翌1909年ロンドンにおいてトーマス・ビーチャム指揮で全曲が初演された[1]

概要[編集]

フリードリヒ・ニーチェ作の「ツァラトゥストラはこう語った」に基づき、歌詞はドイツ語で書かれている。ディーリアスは1898年にも同書の「真夜中の歌 Midnight Song管弦楽男声合唱のための楽曲を作曲しており、これは改作されてこのミサ曲の一部となった[1]。ニーチェの作品からテクストを選定するに当たっては、指揮者フリッツ・カッシーラーが重要な役割を果たしており、曲はカッシーラーに献呈されている。

この曲はディーリアスの演奏会用作品では最大のもので、ソプラノアルトテノールバスの4人の独唱者、2群の合唱と管弦楽のために書かれている[1]

楽器編成[編集]

独唱者(ソプラノ、アルト、テノール、バス)、合唱 フルート3(ピッコロ持ち替えを含む)、オーボエ3、イングリッシュホルン/バスオーボエクラリネット3、バスクラリネットファゴット3、ホルン6、トランペット4、トロンボーン3、テューバ打楽器ハープ2、弦五部[2]

演奏時間[編集]

約135分[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Kennedy, Michael, ed. “Mass of Life, A”. The Oxford Dictionary of Music (2nd ed.). Oxford University Press. http://www.oxfordmusiconline.com/subscriber/article/opr/t237/e6599. 
  2. ^ a b IMSLP A Mass of Life (Delius)”. 2013年3月9日閲覧。

外部リンク[編集]