人民戦線ネパール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人民戦線ネパール(じんみんせんせんネパール ネパール語: जनमोर्चा नेपाल Janamorcha Nepal)はネパールにかつてあった政党2002年地下政党ネパール共産党統一センター・マサル派の大衆組織、選挙用の公然組織として結成。ネパール共産党統一センター派ネパール共産党マサル派の合同により、それぞれの公然組織が合併して成立した。

2006年民主化運動ロクタントラ・アンドラン)の間、7党連合に参加。ギャネンドラ国王の独裁体制を打倒した後、人民戦線ネパールは分裂した。2006年12月現在で、「人民戦線ネパール」を名乗る組織が3つあり、それぞれに国会議員がいた。アミック・セルチャンが率いるグループは、8党連合に加盟し続け、暫定政府ができると2人の閣僚を出した。アミック・セルチャン派は選挙管理委員会に「人民戦線ネパール」の届出をすることができた。他の2派は名称を変えた。2008年、大統領選挙でラムバラン・ヤーダブを性急に支持し、セルチャンは退陣させられた。リラ・マニ・ポクレルが中央委員会から議長代行に指名された。

2009年1月12日ネパール共産党毛沢東主義派と合同し、ネパール共産党統一毛沢東主義派となる。