人工言語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人工言語一覧では、国際補助語工学言語芸術言語、およびその下位区分をそれぞれ五十音順で列挙する。

国際補助語[編集]

メジャーな口語[編集]

言語名 出版年 作者名 注記
イディオム・ネウトラル 1902年 ヴァルデマール・ローゼンベルガー ヴォラピュクを基にする。1908年放棄
イド語 1907年 エスペラント話者の改革者集団 約2000~5000人
インターリング 1922年 エドガー・ド・ヴァール 旧称「オクツィデンタル
インターリングア 1951年 国際補助語協会
ヴォラピュク 1879 - 1880年 ヨハン・マルティン・シュライヤー
エスペラント 1887年 ルドヴィコ・ザメンホフ 流暢な話者:約10万~200万人
グロサ 1943年 ランスロット・ホグベンなど 当初 インテルグロッサとよばれた。
ノヴィアル 1928年 オットー・イェスペルセン
無活用ラテン語 1903年 ジュゼッペ・ペアノ 1908年、イディオム・ネウトラルを置換
リングア・フランカ・ノバ 1965年 ジョージ・ボーリー

マイナーな口語[編集]

制限言語[編集]

視覚言語[編集]

言語の研究のために造られた人工言語[編集]

工学言語[編集]

人間が使用できる言語[編集]

知識表現[編集]

芸術言語[編集]

物語に登場する人工言語[編集]

改変言語 (Alternative languages)[編集]

極小国家言語[編集]

個人言語[編集]

言語ゲーム[編集]

コンピュータ言語[編集]

コンピュータ言語およびプログラミング言語一覧を参照。

関連項目[編集]