京都府立鴨沂高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都府立鴨沂高等学校
京都府立鴨沂高等学校
過去の名称 新英学級及女紅場
京都府立京都第一高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 京都府
学区 京都市北通学圏
併合学校 京都府立嵯峨野高等女学校
理念 世界平和を希求し、すべての人々が幸福になりうる社会をめざして、事実に基づいて真理を追究し、それに従って実践しようと努力する人間をつくる。
設立年月日 1872年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 26102F
所在地 602-0867
京都府京都市上京区寺町通荒神口下ル松蔭町131
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
女紅場址、京都市上京区
京都府立鴨沂高等学校・京都市上京区
京都府立鴨沂高等学校・尋常中学校時明治天皇行幸所の碑・京都市上京区

京都府立鴨沂高等学校(きょうとふりつ おうきこうとうがっこう)は、京都府京都市上京区寺町通荒神口下ル松蔭町(平成28年8月まで移転中)に所在する府立高等学校

概要[編集]

1872年に日本最古の旧制高等女学校として創立した京一女京都一女)を前身とする伝統校である。

理念[編集]

教育方針
  1. 自発的・積極的に学習する態度を養い、基礎学力を培い、思考力を養成する。
  2. 自治活動に進んで参加し、相互の人格を尊重し、正しい方法で討論して、その結果に基づき、責任をもって行動する習慣を養う。
  3. 社会に対する関心を高め、批判的精神を養成する。
  4. 勤労の誇りと喜びをもち、社会的活動に耐えうる体力を増進する。
  5. 芸術的関心を深め、豊かな情操を養う。
  6. 人間の尊厳という観点から、基本的人権についての科学的な認識を培う。

沿革[編集]

  • 1872年明治5年)4月 - 前身「新英学級及女紅場」が、日本で最初の女学校として旧九条殿河原町邸に設立された
新英学校では英語の、女紅場では技芸の授業が行われていた。
  • 1876年(明治9年)5月 - 「女学校及紅場」と改称
  • 1900年(明治33年)8月 - 九条殿河原町邸より現校地に移転及び、茶室と正門の同邸よりの移築
  • 1904年(明治37年)4月 - 京都府立京都第一高等女学校と改称
  • 1933年昭和8年)3月 - 本館・体育館及び北運動場の完成
  • 1938年(昭和13年)3月 - 図書館完成
  • 1948年(昭和23年)4月 - 学制改革により京都府立嵯峨野高等女学校を統合し、京都府立洛北高等学校を同居学習として迎え入れて「京都府立鴨沂高等学校」に改称
  • 1948年(昭和23年)10月 - 高等学校再編成が行われ、高校三原則に基づく新制高校「京都府立鴨沂高等学校」となり、普通科・商業科を置く
  • 1968年(昭和43年)9月 - 新体育館・食堂完成
  • 1985年(昭和60年)4月 - 新教育制度により普通科にI類・II類(人文系・理数系)を置く
  • 1997年平成9年)4月 - 普通科II類理数系・商業科の生徒募集停止
  • 2005年(平成17年)4月 - 普通科II類人文系の生徒募集を停止し、新たに普通科II類文理系を置く
  • 2012年(平成24年)10月 - 校舎の改築方針が決定
  • 2013年(平成25年)8月 - 京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町の京都産業大学附属中学校・高等学校旧校舎に移転。2016年8月までの予定

年間行事[編集]

  • 4月 入学式・新入生歓迎会・映画鑑賞
  • 5月 演劇鑑賞・遠足(1年)・球技大会(2・3年)
  • 9月 文化祭(平成25年8月の移転により、「仰げば尊しパレード」が休止)
  • 10月 体育祭
  • 1月 沖縄研修旅行(1年)
  • 3月 卒業式

設置課程[編集]

特色・逸話[編集]

  • かつては京都大学進学者数が全国1位だった[要出典]
  • 京都市内公立高校で4校ある私服通学校の1つであったが、2013年度から制服が導入された。制服導入にあたっては、生徒会が独自に制服の希望や意見を求めるアンケートを行っている[1]
  • ミックスホームルーム制で講座ごとに授業を行い、HRはクラスで行う制度があった[要出典]。現在は廃止されている。
  • アジア初[要出典]の温水プールがあり、敗戦直後はGHQに接収[要出典]されたこともある。
  • 絵画などの美術品を数多く所有している。
  • 図書館の蔵書は、開架書庫に2万冊、閉架書庫に4万冊ある。
  • ヘレン・ケラーが演説した講堂がある。
  • 門は常時開放され、生徒が昼休みに自由に外出することができたが、2013年度から禁止されている。
  • 水球部は60年の歴史がある。特に近年は女子水球が強く、JOCジュニアオリンピック夏季大会では2006年から3連覇している。

最寄りのバス停・駅[編集]

移転前(2013年8月24日以前)
移転後(2013年8月25日以降)

著名な出身者[編集]

卒業生[編集]

中途退学者[編集]

教職員[編集]

校舎の建替え問題[編集]

  • 2012年10月、校舎の老朽化耐震化を理由に、全面的な建替えが決定された[2]
  • これに対し、卒業生を中心とした「鴨沂高校の校舎を考える会」が、耐震強度不足はごく一部で、全面解体の必要は無いとして、校舎解体の反対運動をおこなっている一方、「京都府立鴨沂高校同窓会」が、全面改築による校舎整備を求めている。
  • 「鴨沂高校の校舎を考える会」は、専門家による校舎耐震診断検証(京都の近代建築を考える会)として、「解体しなくても補強改修で十分耐震化可能」と主張している[3]
  • これらの主張に対し、京都府教育委員会は、耐震改修では耐震性と教育環境の確保が両立できないとの見解を示し[4]京都大学防災研究所中島正愛教授など防災・地震工学の専門家の所見として「耐震診断等は適切なものであり改築は妥当」と主張している[5]
  • 2012年6月に、京都府立大学の大場修教授らが、京都府教育委員会の依頼で調査を行い、「木造校舎共々、昭和戦前期に建てられた鉄筋コンクリート造の校舎建築群についても、その全体が保全されることが望まれる。」とした上で、「建替えを前提とした部分的保存の考え方」を報告している[6]。新聞報道では、教育委員会の会合や府議会に報告されておらず、手続き面での問題があるとしている[7]


主要な要望書


紫野グラウンドの廃止

脚注[編集]

  1. ^ 鴨沂高、制服導入へ 来春から”. 京都新聞 (2012年12月7日). 2012年12月8日閲覧。
  2. ^ 昭和モダニズム象徴 鴨沂高 学びや惜別 建て替えへ”. 京都新聞 (2012年10月25日). 2013年10月5日閲覧。
  3. ^ 鴨沂高校の校舎耐震診断結果資料の見解を専門家に聞きました” (2013年7月6日). 2013年10月5日閲覧。
  4. ^ 広報資料 府立鴨沂高校の施設整備について” (2013年7月10日). 2013年10月5日閲覧。
  5. ^ 府立鴨沂高等学校校舎等整備に係る意見聴取会議” (2013年8月13日). 2013年10月5日閲覧。
  6. ^ 『京都府立鴨沂高等学校既存建築調査報告書』”. 建築まちなみ研究会 (2012年6月1日). 2013年10月5日閲覧。
  7. ^ 鴨沂高校舎 専門家「文化財的価値、保存を」 府教委、公表せず”. 京都新聞 (2013年7月6日). 2013年10月8日閲覧。
  8. ^ 京都府立鴨沂高等学校の保存活用に関する要望書”. 一般社団法人日本建築学会近畿支部 (2013年7月6日). 2013年10月5日閲覧。
  9. ^ 京都府立鴨沂高等学校校舎改築に向けた要望書”. 京都府立鴨沂高等学校同窓会 (2013年7月31日). 2013年10月5日閲覧。
  10. ^ 京都府立鴨沂高等学校の保存活用整備に関する要望書”. 公益社団法人 日本建築家協会近畿支部保存再生部会 (2013年7月6日). 2013年10月5日閲覧。
  11. ^ 京都フレックス学園構想”. 京都府教育庁指導部高等教育課. 2013年10月5日閲覧。
  12. ^ 鴨沂高校の専用グランドを奪わないで下さい!”. 鴨沂高校の校舎を考える会. 2013年10月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]