京都府立医科大学医療技術短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都府立医科大学医療技術短期大学部
大学設置 1993年
創立 1889年
学校種別 公立
設置者 京都府
本部所在地 京都府京都市上京区清和院口寺町東入中御霊町410
学部 看護学科
研究科 保健学専攻
助産学専攻
ウェブサイト 京都府立医科大学医療技術短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

京都府立医科大学医療技術短期大学部(きょうとふりついかだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: College of Medical Technology, Kyoto Prefectural University of Medicine[1])は、京都府京都市上京区清和院口寺町東入中御霊町410に本部を置いていた日本公立大学である。1993年に設置された。大学の略称は医短。学生募集は2001年度まで。現在は、京都府立医科大学医学部看護学科となっている。

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 京都府立医科大学医療技術短期大学部は看護教育に特化した短大であり、附属病院での臨床実習も行われていた。

学風および特色[編集]

  • 京都府立医科大学医療技術短期大学部は1993年の設置と至って新しいが、起源は1889年創立の京都府医学校附属産婆教習所となっており、そこから通算すれば100年以上の歳月を経ていることから永い伝統をもっているといえる。
  • 11月1日創立記念日となっていた。
  • 全国の短大でも入試レベルが高く、競争率も高かった。長い名前の短大でもあった

沿革[編集]

(出典:京都府立医科大学医学部看護学科沿革

  • 1889年 京都府医学校附属産婆教習所が創設される。
  • 1896年 京都府医学校附属看護婦養成所が創設される。
  • 1901年 上記2学校が京都府立医学校附属産婆教習所・看護婦教習所となる。
  • 1903年 京都府立医学専門学校附属産婆看護婦教習所に改組。
  • 1924年 京都府立医科大学附属産婆看護婦教習所に改組。
  • 1946年 京都府立医科大学附属厚生女学部に改組される。
  • 1949年 京都府立医科大学附属甲種看護婦学院に改組。
  • 1951年 京都府立医科大学附属乙種看護婦学院が併設される。近畿保健婦専門学校が併設される。
  • 1952年 京都府立医科大学附属甲種看護婦学院が看護婦学院に改称。准看護婦学院が併設される。
  • 1964年 京都府立医科大学附属看護学院に名称変更。
  • 1965年 近畿保健婦専門学校が京都府立保健婦専門学校に変更。
  • 1976年 京都府立医科大学附属看護学院が京都府立医科大学附属看護専門学校に改組され、専修学校に移行される。
  • 1983年 京都府立医科大学附属看護専門学校に助産学科を置く。
  • 1993年 旧来の京都府立医科大学附属看護専門学校を発展改組して、京都府立医科大学医療技術短期大学部看護学科を置く:在学者数は女子99となっている[2]
  • 1995年 初めて男子が入学する[3]
  • 1996年 専攻科設置される[4]
    • 保健学専攻
    • 助産学専攻
  • 2001年 学生募集が最後となる。翌年度以後、京都府立医科大学へ。
  • 2005年 廃止される。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 京都府京都市上京区清和院口寺町東入中御霊町410

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科

専攻科[編集]

  • 保健学専攻
  • 助産学専攻

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

教職課程

研究[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 京都府立医科大学医療技術短期大学部で活動していたクラブ活動:短期大学独自のクラブとしてはバレーボール漕艇華道茶道ほか「保健医療を考える会」と称した団体組織などがあった。ほか、医大のクラブにも入部した人もいた[5]

学園祭[編集]

  • 京都府立医科大学医療技術短期大学部の学園祭は「トリアス祭」と呼ばれ例年、11月上旬頃に医大と合同で行われていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:短大独自の校舎があり、鉄筋コンクリート造・地上4階・地下1階建となっていた[5]
  • 図書館・体育館は医大と共同使用となっていた[5]

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 看護学科卒業生は、京都府立医科大学医療技術短期大学部専攻科へ進学していた様子。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110004012530より
  2. ^ 94年度版『全国学校総覧』54頁より。
  3. ^ 96年度版『全国学校総覧』58頁で初めて男子が在籍したことが確認できる。
  4. ^ これにより、旧来の京都府立医科大学附属看護専門学校と京都府立保健婦専門学校を統廃合。
  5. ^ a b c 2000年度用入学案内冊子より。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]