京王バス東・永福町営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京王バス東・永福町営業所
永福町所属車。現在は京王バス東に移籍 (D40341)

京王バス東・永福町営業所(けいおうバスひがし・えいふくちょうえいぎょうしょ)は、新宿駅渋谷駅を主なターミナルとし、東京都渋谷区中野区南部・杉並区などを運行する路線を所管する営業所である。当所を表す社内識別記号は「D」。

京王井の頭線永福町駅付近(杉並区永福)にある。京王電鉄バスの高速バスセンターも併設されている。CNG(圧縮天然ガス)を燃料とする車両が多く配置されているため、車庫内にその補填設備が設けられている。また、京王井の頭線の引き込み線が通っており、井の頭線の新車搬入はここで行われる。

なお本項では、京王バス東になる前の京王帝都電鉄→京王電鉄→(旧)京王バス時代についてもあわせて取り扱う。

沿革[編集]

京王帝都電鉄の設立間もない1948年(昭和23年)9月16日に開設された、戦後最初の新設営業所である。その後、1949年12月25日に笹塚営業所の開設により、いったんは同所の支所となるが、1950年7月1日に支所から独立し、再び営業所となった。

終戦直後より、都営バスとの相互乗り入れによる東京線(武蔵境駅 - 新宿駅 - 東京駅)、新橋永福町線(永福町 - 渋谷 - 新橋駅)の運行を開始し、1960年代半ばころには、ほかに方南線、松ノ木線、三鷹線、渋谷線などを受け持っていた。

その後、1970年永福町検車区の移転、および永福町工場の廃止により営業所の敷地が拡張され、同年12月1日に世田谷営業所を統合した。これにより、永福町営業所は概ね現在の規模となった。世田谷営業所は、1955年に笹塚営業所の移転によって開設された営業所で、新宿 - 三鷹方面や新橋 - 下高井戸間など、甲州街道上を走る長距離路線をいくつか担当していた。しかし、これらの路線は営業所の統合の頃に廃止されており、同営業所から主に引き継いだのは、阿佐ヶ谷線や大宮線といった路線である。

1998年10月16日より、京王電鉄からの受託運行を京王バスが開始し、現在は譲渡路線を含め、すべての一般路線の運行業務を京王バス東が行っている。2006年4月1日には大宮線(中71:中野駅 - 永福町)が中野営業所に移管された。

2013年5月13日に、大宮線が当営業所に復帰。代替として渋谷初台線(渋61:渋谷駅 - 初台駅)、笹塚循環線(渋68:渋谷駅 - 永福町・渋69:渋谷駅 - 笹塚駅)が中野営業所に移管された。但し、渋68は現在でも、1便のみNHK線の入庫にて当営業所にて担当している。

現行路線[編集]

2008年10月より、全路線が京王バス東の自社路線となった。

都庁線[編集]

中央通り地下道経由で都庁へ向かう京王便 (D40301)

1991年(平成3年)の都庁新庁舎完成時から都営が単独で運行していた所へ、1999年(平成11年)11月1日に参入した。都営側の担当は2009年4月1日から小滝橋営業所が担当[1]している。

運賃は大人190円(IC 186円)、小児100円(IC 93円)とされ、この系統に限り都営バスの一日乗車券や定期券で乗車が可能[2]

都議会議事堂 → 新宿駅西口間は都庁下の大型バス駐車場の構内を通過する。

当路線は全ての停留所が都営バスの管理停留所である。

当路線では主に大型CNG車が使用されている。

聖堂線[編集]

  • 宿32:新宿駅西口 - 十二社池の下 - 本町三丁目 - 南台交差点 - 多田小学校 - 佼成会聖堂前
  • 永70:佼成会聖堂前 - 方南町駅 - 西永福 - 永福町

宿32は、多田小学校までは宿33と同経路を走り、その先で佼成会聖堂に至る。聖堂前では法輪閣の駐車場に入って折返す。最近になり、LED表示が「佼成会聖堂前」に変更されている。 宿32と永70を合わせて、事実上、新宿駅西口と永福町を佼成会聖堂前経由で結ぶ路線を形成していると言える(過去にはこのような路線が存在した)。

方南線[編集]

  • 宿33:新宿駅西口 - 十二社池の下 - 本町三丁目 - 南台交差点 - 多田小学校 - 方南町駅 - 下段参照 - 永福町
往路・復路が異なる宿33系統の永福町付近の経路
永福町方面便
大宮八幡入口→大宮町→西永福→永福町
新宿駅西口方面便
永福町→大宮台→大宮八幡入口

方南通りを経由し、永福町と新宿駅の間をほぼ一直線に結ぶ。新宿側の利用率が高い典型的な都心 - 郊外直結路線。永福町付近に一方通行道路があるため、終点付近は反時計回りの運行ルートであるが、永福町で運行を打ち切るので循環運行ではなく、西永福・大宮町付近から新宿へのアクセスとしては使い勝手が良いとは言えない[3]


渋谷線[編集]

  • 宿51:新宿駅西口 - 十二社池の下 - 西参道 - 参宮橋駅 - 渋谷区役所 - 渋谷駅
  • 宿51:新宿駅西口 → 十二社池の下 → 西参道

新宿駅と渋谷駅を代々木公園明治神宮の西側に沿って走る。戦前から新宿と初台下(参宮橋駅付近)を結ぶ路線が京王電気軌道によって運行されており、これを戦後になって渋谷駅へ延長する形で開通した。出入庫は宿33として営業。戦前の東京横浜電鉄(現・東京急行電鉄)が渋谷から先、新宿までの延伸を計画していた時の予定線形と類似したルートを走行している。

かつては公園通りの渋滞に巻き込まれ無ダイヤ状態も珍しくなかったが、今では渋滞の影響は比較的少ない路線となり、渋谷駅と渋谷区北部と結ぶ路線として通勤時の利用割合も高く、運行時間帯・本数ともに大幅に拡大された。

2012年8月1日、フォレストタウン停留所が西参道 → 代々木三丁目間に新設されたのに併せ、西参道止まりの便が平日2本新設された。

阿佐ヶ谷線[編集]

渋谷駅行きは東急本店:文化村通り経由 (D30616)
阿佐ヶ谷駅行きはセンター街経由 (都営・D-E435)
往路・復路が異なる渋66系統の渋谷付近の経路
阿佐ヶ谷駅前方面便
渋谷駅前→西武百貨店→宇田川橋→放送センター西口→富ヶ谷
渋谷駅前方面便
富ヶ谷→神山→東急百貨店本店前→渋谷駅前

渋谷駅から23区西部を斜めに横断して阿佐ヶ谷駅に至る。京王側からの申し入れを受ける形で、1957年に開通した。永福町からの方南町行きは、方南町から阿佐ヶ谷駅行きとして運転する。方南八幡通り・方南町駅(西口)を始終着とする便は、京王側のみが運行している(杉並車庫・和田堀橋発着も都営側のみ運行)。


三鷹線[編集]

  • 鷹64:三鷹駅南口 - 下連雀 - 三鷹台団地 - 真福寺 - 久我山駅
  • 鷹64:三鷹駅南口 - 下連雀 - 三鷹台団地 - 真福寺
  • (出入庫):永福町 - 浜田山 - 久我山駅

城西自動車商会→東横乗合→帝都電鉄小田急電鉄東京急行電鉄大東急)と事業者の移管を繰り返したのち、京王帝都電鉄発足と同時に京王バスの路線として落ち着いた経緯を持つ。

2011年10月10日に真福寺折り返しが新設された。永福町 - 久我山駅間の本数は非常に少ない。

当路線では、中型車が使用されている。

松ノ木線[編集]

松ノ木線に充当される車両
往路・復路が異なる松ノ木線の永福町付近の経路
新高円寺駅方面便
永福町→大宮台→大宮八幡入口→大宮町
永福町方面便
大宮町→西永福→永福町

永福町と高円寺駅を松ノ木経由で結ぶ、関東バス五日市街道営業所と共同運行路線である。昭和30年代に永福町 - 松ノ木町(現・松ノ木住宅)の路線として京王単独で開通し、2002年(平成14年)6月1日から高円寺駅へ乗り入れた。道幅が狭く、松ノ木住宅発着時代から小型車を使用していた。高円寺への延長に至っては、さらに狭い道路でのバス同士の行き違いが必要になるため、両社とも専用の小型車を新規導入している。日中は高45として運転されるが、それ以外は新02として新高円寺駅で折り返し永福町 - 新高円寺駅間の本数を同じ運行台数で増加させている。

高円寺阿波踊り開催中は高45は運休となり新高円寺駅 - 永福町間を通常の高45と同じダイヤにおいて新02として運行する。

中野新橋線[編集]

  • 中83:中野駅南口 - 紅葉山公園下 - 鍋屋横丁 - 中野新橋駅 - 南台交差点 - 南部高齢者会館
  • (出庫):中野特別支援学校 → 南部高齢者会館 → 南台交差点 → 中野新橋駅 → 鍋屋横丁 → 紅葉山公園下 → 中野駅南口

2005年9月16日に、廃止された中82の代替で開設された。出庫便は朝の始発のみ運行される。 2014年4月14日より南台交差点発着便の運行が開始されたが、こちらは中野営業所が担当している。

当路線では、小型車が使用されている。

希望ヶ丘団地線[編集]

  • 八01(下り):八幡山駅松沢病院前 → 上北沢二丁目 → 八幡山一丁目 → 船橋交番北 → 希望ヶ丘団地 → 朝日新聞社→ 船橋七丁目 → 希望ヶ丘団地
  • 八01(上り):希望ヶ丘団地 → 朝日新聞社 → 船橋七丁目 → 船橋交番北 → 八幡山一丁目 → 上北沢二丁目→ 上北沢公園 → 八幡山駅

八幡山駅とその南側にある希望ヶ丘団地を結ぶ短距離路線である。団地には小田急バスが乗り入れ、小田急小田原線の駅との連絡を行っているが、京王線へのアクセス手段を望む住民の声にこたえる形で2001年10月に開業した。

当初は調布の受け持ちであったが、2005年12月に移管。平日朝夕は10分ヘッド・日中は15分ヘッドで小型車・中型車の運行、深夜バスも運行される。土曜・休日は30分ヘッドで中型車が運行される。路線図上は起点付近・終点付近ともループ状[4]になっているが、停車順は上記の通り。

経堂線[編集]

2014年1月16日から、経02が新設された。小田急シティバスとの共同運行で、料金は京王バス東に合わせ、200円。日中9時台~16時台のみの運行で、30分ヘッド。船橋交番北~八幡山駅間は、八01と同経路。この路線の開業で、経堂駅周辺の商圏・赤堤地区と、上北沢・八幡山地区が乗り換えなしに移動できることになった。

大宮線[編集]

歴史は古く、戦前の東横乗合時代に中野と大宮八幡を結んでいた路線が前身である。1960年代までは、十貫坂から堀ノ内二丁目へ抜け、本村橋で善福寺川を渡るという、現在とは全く異なる経路で運行されていた。

2006年4月1日付で中野営業所に移管されたが、2013年5月13日の所管替えで永福町に戻された。 ただし、中野車庫発着便は引き続き中野営業所が担当している。

NHK線[編集]

NHK線専用車(D40254)
  • NHK:渋谷駅 -(直行)- NHKスタジオパーク(2010年3月31日まで東急バス淡島営業所と共同運行)

2000年3月18日に開通した。NHKの広告を貼った専用中型車が充当されるが、検査時やイベントによる多客時等は一般車両で運行される。運賃は大人210円(IC 206円)・小児110円(IC 103円)。
運行開始当初は東急バス淡島営業所との共同運行路線だったが、2010年(平成22年)3月31日限りで東急が撤退し京王単独の運行となり、運賃も大人150円・小児80円から一般路線と同額に改定された。

渋谷駅発着路線で放送センターを経由する系統は、神南一丁目交差点から公園通を経由(一部は西武百貨店から渋谷センター街井の頭通りを経由)する。しかし本系統は2010年3月31日までファイヤー通りを経由していた。2010年4月1日からは神南一丁目交差点から公園通りを経由していたが、時期不明だがファイヤー通り経由に復帰した。

NHKスタジオパークが2011年4月から半年間改装の為休館したことから、本系統は2011年3月28日より2011年10月14日まで土・休日の運行を休止していたが、NHK構内においてイベントが行われる場合は土・休日においても運行する場合もあった。 [5]

笹塚循環線[編集]

  • 渋68:渋谷駅 - 渋谷区役所 - 富ヶ谷 - 代々木上原駅 - 大山町 - 北沢小学校 - 大原一丁目 - 永福町

2013年5月13日以降は永福町発着便のみ当営業所で担当している。

渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス」[編集]

春の小川ルートと丘を越えてルートの2路線を担当。なお夕焼け小焼けルートは東急バス淡島営業所、神宮の杜ルートは渋谷区に東京本社を置く富士急行の子会社、フジエクスプレス東京営業所が担当する。

杉並区コミュニティバス「すぎ丸」[編集]

けやきとさくらの2路線を担当。なおかえで路線は関東バス青梅街道営業所が担当する。

廃止・移管路線[編集]

  • 宿30:新宿西口 → 十二社池の下 → 西参道 → 新宿西口
  • 宿40:新宿西口 → 西参道 → 十二社池の下 → 新宿西口
両系統は合わせて「新宿循環」と称されていた。午前中は西参道先回りの宿40、午後から終車までは十二社池の下先回りの宿30が運行されていた。2004年12月1日に廃止。
  • 宿31:新宿駅西口 - 十二社池の下 - 本町三丁目 - 東大附属 -(←川島通り / 富士高校→)- 中野車庫
朝の出庫便は一部が佼成会聖堂前始発、川島通り経由であった。午前10時以降は往復とも富士高校経由で運転された。
宿32の折返し便だが、独自区間が南台交差点と川島通りの間の一部のみしか存在せず、2004年12月1日に廃止された。
  • 宿34:新宿駅西口 - 十二社池の下 - 本町三丁目 - 東大附属 - 中野車庫 - 佼成会聖堂前
宿32と異なり、南台交差点を右折して富士高校を経由したのち、中野車庫を左折して佼成会聖堂まで運行する路線。宿32の運転本数のうち、2~3本に1本の割合で宿34に振り替えた(宿32は8分間隔だったものが8分~16分間隔に変更され、宿34は16~24分間隔で設定された)。混雑が偏るため2001年3月に廃止され、宿32のみに戻された。
  • 渋61:渋谷駅 -(←東急百貨店本店前 / 西武百貨店→)- 富ヶ谷 - 代々木八幡]入口 -(東京オペラシティ南→) - 初台駅
2000年6月16日に、東急バス淡島営業所が単独で運行していた初台線に共同運行の形で参入、2002年6月1日からは京王単独の運行となった。2013年5月13日、中野営業所に移管された。
  • 渋62:渋谷駅 - 富ヶ谷 - 弥生町一丁目 - 佼成会聖堂前
  • 渋67:渋谷駅 → 富ヶ谷 → 代々木上原駅 → 泉南 → 笹塚中学 → 笹塚駅 → 渋谷駅
2010年10月11日、渋69の循環化により代替廃止された。
  • 渋68:渋谷駅 → 富ヶ谷 → 代々木上原駅 → 泉南 → 笹塚中学 → 笹塚駅
2010年10月11日、大原一丁目止まりに短縮された。渋67も廃止されたため、泉南地区からバス路線が消滅した。
  • 渋69:渋谷駅 - 渋谷区役所 - 富ヶ谷 - 代々木上原駅 - 大山町 -(←大原一丁目 / 東京消防学校西 →)- 笹塚駅
  • 渋69:渋谷駅 → 渋谷区役所 → 富ヶ谷 → 代々木上原駅 → 大山町 → 東京消防学校西 → 笹塚駅(平日1本)
2013年5月13日、中野営業所に移管された。
  • 永01:永福町 -(←西永福 / 大宮台 →)- 大宮八幡前 - 松ノ木住宅
2002年6月2日、高45・新02の開設に伴って廃止された。
  • 歳23:千歳船橋駅 - 千歳台六丁目 - 千歳烏山駅 - 南水無
1997年10月1日に(旧)京王バスの営業開始に合わせて調布営業所へ移管された。
  • (出庫):泉南 → 笹塚中学 → 笹塚駅 → 代々木上原駅 → 富ヶ谷 → 渋谷駅
2010年10月11日、渋67廃止によって必要性が無くなったため、運行を終えた。
  • (出庫):永福町 → 大宮台 → 方南町駅 → 佼成会聖堂前
2011年7月1日、永70の新設に伴い廃止された。

車両[編集]

2013年8月に配置されたいすゞ・エルガハイブリッドノンステップバス(D11301)

2014年現在、京王バスグループ内で唯一、日産ディーゼル(現・UDトラックス)三菱ふそうトラック・バスいすゞ自動車日野自動車の4メーカーの車両を保有する。日産ディーゼルと三菱ふそうの割合が高かったが、現在では日野の割合も徐々に高まりつつある。環境対策としてCNGバス(日産ディーゼル大型車と三菱ふそう製小型車)が配属されているほか、2013年8月にはいすゞ製ハイブリッドバスが配置された。

その他、松ノ木線と中野新橋線用に三菱ふそう製小型車、「ハチ公バス」と「すぎ丸」に使用される日野・ポンチョ(両線それぞれの塗装車あり)と日野・リエッセ(「すぎ丸」のみ)が配置されている。グループホテル送迎専用車や企業送迎用の車両も配置されている。

所内にCNGスタンドがあり、CNG車が多く配置されている(一般路線と企業送迎用)。

永福町営業所には、中央高速バス諏訪・岡谷線の車両も3両配置がされている。また、伊那・駒ヶ根・飯田線を京王電鉄バスから管理を受託している。

2014年11月17日から杉並ナンバー(ご当地ナンバー)の導入が決定しているため、新車と他営業所からの転入車両は杉並ナンバーで登録される。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009年3月末までは新宿分駐所が担当していた。なお、新宿はC・H01に代わって早81(早大正門 - 渋谷駅)を小滝橋から移管させた。
  2. ^ 都営交通無料乗車券・乗車証は除く。
  3. ^ 方南町 - 新宿間では丸ノ内線より所要時分が短いとされる。
  4. ^ ループ部での起点・終点をまたぐ乗車はできない。
  5. ^ 2011年5月1日・3日~5日に実際に運行した。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度40分35.9秒 東経139度38分32.1秒