京成AE100形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京成AE100形電車
京成AE100形(2008年10月4日 / 京成関屋駅)
京成AE100形
(2008年10月4日 / 京成関屋駅)
編成 8両
営業最高速度 110 km/h
設計最高速度 130 km/h
起動加速度 3.5 km/h/s
減速度 4.0 km/h/s(常用最大)
4.5 km/h/s(非常)
編成定員 430人
車両定員 1号車 48人
2号車 60人
3号車 60人
4号車 46人
5号車 48人
6号車 60人
7号車 60人
8号車 48人
全長 先頭車19,500 mm
中間車19,000 mm
全幅 2,760 mm
全高 4,050 mm
編成質量 288.0t
車両質量 電動車 37.0t
付随車 33.0t
軌間 1435 mm
電気方式 直流1,500V(架空電車線方式
編成出力 3,120kW
主電動機 かご形三相誘導電動機 130kW
歯車比 84:16
駆動装置 TD継手式平行カルダン
WN平行カルダン
制御装置 GTO-VVVFインバータ制御
台車 SUミンデン式台車
FS-543・FS-043形
制動方式 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 1号型ATS, C-ATS
製造メーカー 日本車輌製造東急車輛製造

京成AE100形電車[1](けいせいAE100がたでんしゃ)は、京成電鉄特急形車両

概要[編集]

2代目の「スカイライナー」用車両として、1990年平成2年)6月19日に営業運転を開始した。営業運転開始当時は「ニュースカイライナー」とも呼ばれていた。当初落成した2本は、1991年の新東京国際空港(現・成田国際空港)ターミナルビル乗り入れに備えてAE形を8両編成化する際、その不足分を補うことを目的として新製された。その後AE形の置き換えを目的として5本が増備され、1993年(平成5年)5月末までに8両固定編成7本・計56両が出揃った。

運用[編集]

登場時から「スカイライナー」「モーニングライナー」「イブニングライナー」として運用されていたが、2010年7月17日の成田スカイアクセス開業およびAE形 (2代)の登場に伴ってそれらの運用から退き、スカイアクセス開業前の「スカイライナー」のルートを経由する「シティライナー」として運用されている。

車体について[編集]

京成の新造車として初のVVVFインバータ制御[2]を採用した。モーターはすべて東洋電機製造製TDK-6170-A形を搭載する。この組み合わせは後に3700形にも採用された。AE形に続いて定速制御装置を装備する。操作方法はAE形と全く異なり、速度25km/hの時点でマスコンハンドルがP5の場合、P4に戻すと定速制御となり、P3に動かすと減速、P5にすると再度力行する。また、マスコンをN - P2に戻すと定速制御が解除される。また、都営線内を走行する際には[3]定速制御機能そのものが解除[4]される。

車両番号は第1編成がAE101 - AE108、第2編成がAE111 - AE118の順で、末尾9と0は欠番であり、京成の慣行として京成上野方の車両番号からAE108編成、AE118編成…と呼ぶ。京浜急行電鉄への乗り入れを考慮したことから、先頭車は電動車で、末尾6と3が付随車で補助電源装置のDC-DCコンバータ[5] (DDC) を、末尾8と1の車両に交流電動機駆動の低騒音形レシプロ式空気圧縮機 (CP) C-2000-MLをそれぞれ搭載した。パンタグラフは末尾7と2の車両両端に下枠交差式を2台搭載した。

京成では初めてメンテナンスの手間が軽減された交流誘導電動機が採用されたことから、主電動機点検蓋は省略された。

車体は普通鋼製である。車体長は他形式よりも長い19m(先頭車は19.5m)である。このためカーブでの車両限界を避けるため断面形状をこの種の有料特急車としては珍しい直線基調とした。前頭スタイルは鋭角の流線形になり、床下の各機器は側面スカートで覆われた[6]。将来は都営浅草線経由で京急線に乗り入れて成田空港から羽田空港までの両空港間を直結する列車[7]に使用する可能性も考慮し、流線形前面に非常用貫通扉を設置した[3]。客用扉はAE形の二枚折り戸から引き戸に変わり、開口幅も100mm拡大されている。

塗装は、アイボリー(京成の公式は「グローバルホワイト」)をベースにブルー(同「フューチャーブルー」)とレッド(同「ヒューマンレッド」)のラインが配され、前面のをイメージした帯配色が特徴である。また、鉄道車両としては珍しくリトラクタブル式前照灯を採用。そのうち内側の2灯は急曲線の多い京成本線の線形に対応するため、左右に照射角を変更することが可能である。

車内
座席

車内設備[編集]

室内はブラウン系+ベージュ系の落ち着いた色調でまとめられ、妻面にLED式の案内表示器を設置する。座席は回転式リクライニングシートを採用した。車体の関係で横幅は435mmと小さいが、一方でシートピッチはAE形の970mmから1040mmに拡大されフットレストが装備されている。末尾5の車両にサービスコーナー・自販機を設置し、トイレ洗面所は末尾4の車両に設置する。

新製年度による変更点[編集]

  • 1991年(平成3年)製造のAE128編成以降はフットレストの形状が変更されている。
  • 1992年(平成4年)5月から6月にかけて落成した3次車のAE148・158編成では最初からトイレを増設し、1・2次車についても同年4月から7月に増設し、仕様を統一した。
  • 4次車のAE168編成は1993年5月に3次車と同仕様で落成した。ただし、帯は塗装からシールに変更した関係で、前面帯は若干V字形に近いものになった。

歴史[編集]

AE形の置き換え[編集]

1990年から1992年にかけて毎年夏期繁忙期前に各2本(AE108 - AE158編成)を新製し、1991年夏以降順次AE形を休車運用離脱させた。1992年7月末以降はAE形1編成が予備車として残存するのみとなり、翌年5月のAE168編成落成によってAE100形への置き換えが完了した。

リニューアル工事までの動きなど[編集]

  • 1993年(平成5年)頃に、登場時スカートだけであったブルー塗装の塗り分け線が、若干上に変更されている。
  • 1995年(平成7年)4月から5月にかけて空気清浄機を全編成の各車に設置した。
  • 2001年(平成13年)3月に、通勤車全車とともに京成グループCIとして「K'SEI GROUP」のロゴを貼付した。

リニューアル工事[編集]

2001年から2003年7月まで順次室内リニューアル工事を行った。工事内容としてはバリアフリーへの対応を強化したほか、内装の全面張り替えも行っている。客室内・デッキ・サービスコーナーともグレー系の化粧板・床面に、また座席表地はブラウン系からブルー系模様入りに変更、また2002年4月に出場したAE108編成から通路カーペットを設置し、先に出場していたAE148・AE118編成にも波及した。トイレも全面改修され、和式を廃して洋式に統一するとともに、車椅子対応形を新設した。外観には、工事完了2編成目となるAE118編成から、先頭車に通気孔が設置(後にAE148編成にも設置)された他には変化がない。

リニューアル編成第1陣のAE148編成が営業運転開始した2001年12月10日より、「スカイライナー」「モーニングライナー」「イブニングライナー」の喫煙車は先頭車1・8号車のみとなり、その他はサービスコーナーも含めて禁煙とされた。

いわゆる「赤電」各形式や3500形の車体更新では全般検査が必須であったが、本形式では定期検査と別途で施工された。実際にAE108・AE118・AE158編成は定期検査と別に同工事を施工させたが、窓枠の工事もあったため再塗装を実施した。

各編成の落成年月・製造メーカー・リニューアル年月は以下の通りである。

編成 落成年月 製造メーカー リニューアル年月
AE108編成 1990年6月 日本車輌製造 2002年4月
AE118編成 東急車輛製造 2002年2月
AE128編成 1991年7月 日本車輌製造 2003年4月
AE138編成 1991年6月 東急車輛製造 2002年11月
AE148編成 1992年6月 日本車輌製造 2001年12月
AE158編成 1992年5月 東急車輛製造 2003年7月
AE168編成 1993年5月 日本車輌製造 2002年7月

リニューアル工事後の動き[編集]

スカイライナー1億人乗車記念ステッカーを貼付したAE100形
(2007年8月11日 / 京成船橋駅)
創立100周年ステッカーを貼付したAE100形
(2009年6月2日 / 船橋競馬場 - 谷津)
他社局の車両と並ぶAE100形
(2011年11月5日 / 馬込車両検修場)

2005年(平成17年)2月から4月にかけて連結部に転落防止幌を設置したが、こちらは新3000形1 - 3次車や3700形6次車以降より小型化され、付け根が固定式になっている。このタイプは3000形4次車以降で採用されたほか、2007年以降は転落防止幌を設置済みの車両(新3000形1 - 3次車、3700形6次車以降、3400形など)でもこのタイプへの変更を開始した。

2007年(平成19年)7月31日には、「スカイライナー」20号(成田空港駅15時19分発)において「スカイライナー」の利用人数が1億人を突破した。それを記念して、同年8月からしばらくの間全編成に1億人乗車記念ステッカーが貼り付けられた。

2009年(平成21年)は京成電鉄が創立100周年であったことから、同年4月1日から12月31日まで全編成に創立100周年記念ステッカーが貼り付けられた。

成田スカイアクセス開業後[編集]

「スカイライナー」からの撤退に伴い、側面の「Skyliner」・「AIRPORT EXPRESS」のロゴは消され、カード式公衆電話を撤去。全車両を禁煙車とした。

2010年7月20日にAE108編成、同年8月31日にAE118編成・AE148編成が、2011年12月19日にAE128編成がそれぞれ廃車されたため、2012年1月1日時点では8両編成3本24両が在籍している[8]

2011年11月5日には、東京都交通局馬込車両検修場で開催された「都営交通100周年記念フェスタ in 浅草線」に当形式が展示された[9]。AE100形の浅草線走行は新製搬入時以来となる。

編成表[編集]

「スカイライナー」で運用されていた当時の編成である。

 
号車 1 2 3 4 5 6 7 8
車両番号 AE101
AE111

AE151
AE161
AE102
AE112

AE152
AE162
AE103
AE113

AE153
AE163
AE104
AE114

AE154
AE164
AE105
AE115

AE155
AE165
AE106
AE116

AE156
AE166
AE107
AE117

AE157
AE167
AE108
AE118

AE158
AE168


脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道図鑑などでは「AE100」と表記されている場合がある。
  2. ^ 東洋電機製ATR-H8130-RG-630A形・GTOサイリスタ素子
  3. ^ a b 現状では先頭部分が駅の出発相当信号機にかかってしまうため、都営線内での営業走行は不可能である(Railfan ONGAKUKAN - スタッフの部屋 2005年11月22日「制作うらばなし」より)。
  4. ^ 列車無線切り替えスイッチを「地下(都営浅草線)」に切り替えると連動して無効化される
  5. ^ 直流変換装置のことで、DDCで架線からの直流1,500Vを安定した直流600Vに変換し、内蔵の静止形インバータ (SIV)で交流電源に変換する。
  6. ^ 2・5・7号車の断流器周辺と4号車の汚物処理装置周辺には取付けられていない。
  7. ^ 2010年現在は成田スカイアクセス線経由で「アクセス特急」が運行されている(京急線・都営線内は「エアポート快特」)。
  8. ^ 「私鉄データファイル 私鉄車両のうごき (2011年10月1日 - 12月31日)」 『鉄道ダイヤ情報』2012年4月号、交通新聞社
  9. ^ 『都営交通100周年記念フェスタ in 浅草線』開催 - 『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース(交友社) 2011年11月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]