交響曲第7番 (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第7番ニ短調(こうきょうきょくだい7ばん ニたんちょう)作品70B.141は、ドヴォルザーク交響曲1884年から1885年にかけて作曲された。それまで発表されてきた交響曲とはやや趣が異なり、スラブ的な雰囲気を残しつつも内省的で普遍的な音楽として仕立てることに成功しており、作曲者自身この曲を「本格的なもの」と呼んでいる。第9番「新世界より」ほどではないが、第8番と共にドヴォルザークの交響曲では良く取り上げられる楽曲である。主調が平行調である点や、第1楽章、第4楽章の拍子、第2楽章の楽器法などから、ブラームス交響曲第3番からの影響を指摘する見解もある。[1]

作曲の経緯[編集]

1884年3月、ロンドン・フィルハーモニック協会の招きで、ドヴォルザークは初めてロンドンを訪れた。ロンドンではすでに交響曲第6番が好評を博しており、ドヴォルザークは熱狂的な大歓迎を受けた。帰国後ほどなくして、フィルハーモニック協会の名誉会員に選ばれたとの知らせと新作交響曲の依頼を受けた。前年の1883年にブラームス交響曲第3番の初演を聴いて新たな交響曲の作曲に意欲を抱いていたドヴォルザークは、ロンドンからの申し出をただちに承諾した。9月に再度渡英し、帰国後の12月13日から交響曲に着手し、1885年3月17日に完成、4月には渡英し、4月22日にセント・ジェームズ・ホールで初演の指揮を執っている。この演奏会は大成功で、ウィーンハンス・リヒターが、ドイツではハンス・フォン・ビューローが相次いでこの曲を採り上げた。

楽器編成[編集]

演奏時間[編集]

全曲で約37分

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro maestoso
アレグロ・マエストーソ、ニ短調、6/8拍子ソナタ形式
D音の持続音と遠雷を思わせるティンパニの響きに乗り、ヴィオラチェロによって暗い第1主題が提示される。これは反ハプスブルクの祭典に参加するためにハンガリー[3]からの愛国者達が乗った列車がプラハ駅に到着する情景からイメージを得たと言われている。この後に序曲「フス教徒」の主題に由来する動機が表れる。第2主題は変ロ長調フルートクラリネットが提示する穏やかなもので、弦の小結尾主題が続く。これまでに見られた提示部の反復指定はなく、木管が第1主題を次々に奏して展開部が開始する。次に力強く第2主題が登場し、一旦静まり第1ヴァイオリンが第2主題をさびしげに奏してゆく。木管に第1主題が戻ると、徐々に熱を帯びながらクライマックスを形成し、その頂点で第1主題が再現される。第2主題は繰り返されずに小結尾となる。再現部は全体的に圧縮されている。長いコーダでは第1主題が激しく回想され、この楽章の頂点とも言うべき劇的なクライマックスを築いてゆく。気分が静まり、最後はホルンが第1主題を静かに奏でて終わる。
第2楽章 Poco adagio
ポコ・アダージョ、ヘ長調、4/4拍子、自由な三部形式の緩徐楽章。
クラリネット、オーボエファゴット対位法的に絡み内省的な穏やかなコラール風の導入句を奏でた後、フルートとオーボエによる主要主題が始まる。続いてヴァイオリンチェロによる副次的な旋律が表情豊かに続いてゆく。これが発展して主部が終わる。中間部はホルンの奏でる愛らしい牧歌的な主題出て、クライマックスが築かれる。クラリネットとホルンの応答の後、フルートとファゴットが残り、チェロが主要主題を奏して主部が回帰する。第1ヴァイオリンで副次旋律も続くが、さらに対位法的で複雑に処理されてゆく。これがひとしきりクライマックスを築いてから静まると、オーボエが導入句を再現し、木管が応答しながら消え入るように終わる。
第3楽章 Scherzo: Vivace - Poco meno mosso
スケルツォ:ヴィヴァーチェ ― ポコ・メノ・モッソ、ニ短調、6/4拍子、三部形式、スケルツォ
弦楽器が特徴的なチェコの民族舞曲フリアントのリズムを刻む中、ファゴットチェロが主題を提示する。中間部はト長調に転じて速度を落とし、明るいカノンを思わせる音楽。更に対位法的処理と展開的様相を見せる。第3部ではやや簡略化される代わりに長いコーダが付けられている。
第4楽章 Finale: Allegro
フィナーレ:アレグロ、ニ短調、2/2拍子、ソナタ形式。
第1主題はクラリネットホルンによるうごめくような主題、第2主題はイ長調チェロによって演奏される民謡風のもので、好対照をなしている。展開部ではこれらの主題に提示部の最後でヴァイオリンが演奏する小結尾主題とが対位法的に処理される。やや変形された再現部の後コーダとなるが、ここでは小結尾主題を扱って盛り上げたところで第1主題の冒頭部分を力強く奏でて速度を上げると、ニ長調・Molto maestoso(非常に荘厳に)に転じて速度を緩め、変形された第1主題を壮大に演奏して、ニ長調で全曲を閉じる。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー6 ドヴォルザーク(1993年、音楽之友社) ISBN 4-276-01046-2

注脚[編集]

  1. ^ ヴァーツラフ・ノイマン指揮1981年盤〈OF-7036-5〉藤田由之の解説参照。
  2. ^ ピッコロ持ち替えは第3楽章の74~76小節だけである。全音楽譜出版社のスコアのように、ピッコロ持ち替えに気づきにくい出版譜もある。
  3. ^ 当時は現在の領域とは異なり、スロバキアなども含む。ハンガリー王国の歴史的地域を参照。