交響曲第39番 (ミヒャエル・ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第39番ハ長調(P.31, MH478)は、ミヒャエル・ハイドンの作曲した交響曲で、1788年に作曲された。

楽器編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 0 Hr. 2 Timp. Vn.1
Ob. 2 Trp. 2 Vn.2
Cl. 0 Va.
Fg. 2 Vc.
Cb.

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro con spirito

ハ長調 3/4拍子 ソナタ形式

第2楽章 Andante

ト長調 2/4拍子。ホ調(E)およびニ調(D)のホルンを使う。

第3楽章 Finale : Molto vivace

ハ長調 2/2拍子 フガート。これはモーツァルト交響曲第41番のモデルとなった。