交響曲第3番 (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第3番変ホ長調作品10(B34)は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した3番目の交響曲である。1873年4月に着手され、同年7月4日に完成した。『白山の後継者たち』の成功に自信を深め、結婚(同年11月17日)を目前に控えた気力の充実した時期の作品である。このため、意欲的な作品となっており、当時の流行でもあったワーグナーの影響を積極的に取り入れた作品である。ドヴォルザークがこの作品をオーストリア政府の奨学生募集に提出したところ、これがハンスリックらの注目をひき、1875年から400グルテンの奨学金を得られることになった。

1874年3月29日にプラハスメタナの指揮により初演された。ドヴォルザークの全交響曲中、最初に初演された交響曲である。出版は1912年だが、当時は現在の第5番が「第3番」として出版されており、番号なしの作品として出版された。第2楽章にワーグナーの『タンホイザー』序曲のモチーフが引用されている。

楽器編成[編集]

ピッコロフルート2、オーボエ2、コーラングレクラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバティンパニトライアングルハープ弦五部

演奏時間[編集]

全曲で約35分。

楽曲構成[編集]

ドヴォルザークの交響曲のうち、この作品のみ3楽章からなる。

  • 第1楽章 Allegro moderato 変ホ長調 8分の6拍子。ソナタ形式。1~6番までの第1楽章のうち、この曲のみ提示部の反復指定がない。
  • 第2楽章 Adagio molto 嬰ハ短調 4分の2拍子。三部形式
  • 第3楽章 Allegro vivace 変ホ長調 4分の2拍子。ロンド形式