亜ヒ酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
亜ヒ酸
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 13464-58-9
特性
化学式 H3AsO3
モル質量 125.94 g/mol
外観 水溶液中にのみ存在
危険性
主な危険性 毒性、腐食性
関連する物質
関連物質 ヒ酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

亜ヒ酸(あヒさん、arsenous acid、arsenious acid)は、化学式がAs(OH)3無機化合物である。水溶液中で生成することが知られており純物質は単離できないが、このことからAs(OH)3の重要性が損なわれることはない[1]

一般には、無水物に該当する三酸化二ヒ素のことを亜ヒ酸と呼ぶことが多い。

性質[編集]

As(OH)3ヒ素原子に3個のヒドロキシル基が結合した三角錐形分子である。

類似化合物であるリンの化学種の亜リン酸(H3PO3)はホスホン酸(HPO(OH)2)側に平衡が偏っている。このようなAsとPの異なる性質は、主族元素では軽い元素ほど高い酸化状態の方が安定であるという傾向を反映している[2]

反応[編集]

As(OH)3は水中での三酸化二ヒ素の穏やかな水和により生成する。塩基の添加により[AsO(OH)2]-、[AsO2(OH)]2-と[AsO3]3-の陰イオンにそれぞれ変化する。最初のpKaは9.2である。三酸化ヒ素水溶液の反応は、亜ヒ酸とその共役塩基に依存する。

毒性[編集]

ヒ素を含む化合物は毒性が大きく、発癌性を有する。無水物である三酸化二ヒ素除草剤殺虫剤殺鼠剤に使われている。

出典[編集]

  1. ^ King, R. Bruce "(ed.)" (1994). Encyclopedia of Inorganic Chemistry. Chichester: John Wiley & Sons. 
  2. ^ Greenwood, N.N.; A. Earnshaw (1997). Chemistry of the Elements. Oxford: Butterworth-Heinemann. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]