井原慶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

井原 慶子(いはら けいこ、1973年7月4日 - )は、日本の女性レーシングドライバー。所属事務所はトゥインクル・コーポレーション

略歴[編集]

東京都出身、法政大学経済学部卒業。競泳マラソン等スポーツなどを行い、父の仕事の都合で北海道に引越し、高校ではモーグルスキーの選手として活動。学生モーグルスキー大会で入賞した実績を積み、将来の大会出場のための合宿、遠征費用を稼ぐ為に、大学生の頃にモデル業を始めた。 1998年には、レースクイーンの頂点とも言われるF1ベネトンレースクイーン・グランプリに5000人を超える応募者の中から選ばれた。

2008年6月14日に7歳年下のエネルギー科学者・本島厳と結婚。2012年には、日本人初、世界女性初で耐久レースの世界最高峰WEC世界耐久選手権にフル参戦。2013年同シリーズドライバーズランキング22位、女性では最高位を獲得し、世界最速の女性ドライバーとなる。

レースクイーン[編集]

1997年~1998年には、NTTイメージレディ、1998年には、レースクイーンの頂点とも言われるF1ベネトンレースクイーン・グランプリに5000人を超える応募者の中から選ばれた。モデル業の一環として取り組んでいたレースクイーンの仕事で、サーキットを訪れた際にモータースポーツの迫力に取り憑かれ、自らレースに出場したいと言う意識が強まった。しかし当時、井原は普通自動車免許すら持っていなかったので、普通運転免許証を取得するべく自動車教習所に通い、その後もメーカーのインストラクターや技術スタッフから、走行法やモータースポーツの心得を習得していった。

レーシングドライバー[編集]

1999年、25歳でドライバーとしてのデビューを果たした。モデルの仕事で貯めた貯金で「フェラーリ・チャレンジ」に参戦し、デビューレースで3位表彰台に上った。イギリスのジム・ラッセル・レーシングスクールに短期留学を行い、その後にはフェラーリ・チャレンジで2戦連続勝利を果たした。その後フェラーリ・チャレンジの世界大会に出場し、決勝レースでスタート直後コースアウトするも18位にまで順位を上げ、国別対抗戦では2位表彰台を獲得。同シリーズの年度最優秀賞を獲得した。

しかし、最優秀賞を受賞した喜びよりもコースアウトをしたときの悔しさ、そしてモータースポーツの魅力を改めて認識して単身渡英することを決断。2000年はイギリス・フォーミュラ・ルノー2001年にはフランスF3に参戦し、本格的にフォーミュラレースを初めて2年目ながら入賞4回を記録した。2002年には、レース出場のための資金が充分に賄えず出場が危ぶまれたが、諦めずにトレーニングとスポンサー資金を集めて「アジアン・フォーミュラ2000」(AF2000)にシーズン途中からスポット参戦した。国際自動車連盟(FIA)の公認レースで女性として世界で初めての優勝を果たし、2勝を挙げ参戦した全戦で表彰台を獲得した。またマカオで行われたマカオGP・AF2000でも大会史上初の女性による表彰台(3位)を獲得した。

2003年にはフォーミュラ・BMWアジアシリーズに参戦し、シーズンランキング3位を獲得した。2004年は日本でフォーミュラ・ドリームに参戦した。2005年からはイギリスF3にフル参戦し、初年度は入賞7回、翌年は入賞4回となった。2007年にはイタリアでF3000のテストに参加した。

2008年は、結婚を機に拠点を日本に戻し、イベントや講演で環境問題や安全・環境なども呼び掛けた。12月には、アストンマーチンアジアカップにチャリティーゲスト参戦し、ファッションデザイナー「TAKEO KIKUCHI」がデザインしたアースカラーのマシンを駆り、環境問題について世界に呼び掛けた。

2009年、結婚後初となる本格的な国際レースとして、フォーミュラ・ル・マン・カップ第3戦のサルト・サーキットでのレースに参戦した。このレースではパートナーのThomas Ducheneとともにオレカ・FLM09をドライブし、10位入賞を果たした。

2012年にはル・マン24時間レース参戦を目標として本格的にレースに復帰。同年1月に行われたドバイ24時間レースにガルフ・レーシングから参戦、クラス13位で完走した[1]。ドバイ24時間レースでの走りが認められ、ガルフレーシングミドルイーストからWEC世界耐久選手権のオファーを受けた。

2012年3月に開幕した耐久レースの最高峰WEC世界耐久選手権に日本人初、世界女性初でGulf racing middle eastからフル参戦。第3戦ル・マン24時間の本番では、レース序盤で別のドライバーがマシンを運転中に日産・デルタウイングの運転ミスにより接触されリタイアしたため、決勝レースでは出番なしという結果に終わった[2]。第2戦スパ・フランコルシャン、第5戦サンパウロ、第7戦富士で入賞し、シリーズ7位。

2013年1月には、FIA国際自動車連盟よりWomen in motorsport評議会委員に指名され、アジア代表委員に就任。2013年5月には、FIA国際自動車連盟より国際レース歴10年以上でかつ顕著な功績を残したドライバーのみで構成されるDrivers Commission評議会メンバーに世界の女性代表として任命された。同評議会は、F1王者エマーソン・フィッティバルディをはじめ、ナイジェル・マンセル、現WRC王者のセバスチャン・ロ―ブなどそうそうたるメンバーで構成され、IOCオリンピック委員会とも連携をとりスポーツ社会や交通安全、環境技術を推進していく。

2013年5月、NISSAN GLOBAL AMBASSADOR "ZERO EMISSION MOBILITY"に就任。EVをはじめとするゼロエミッションモビリティー推進と環境社会実現への大使として国内外で活動。

2013年WEC世界耐久選手権に前年に続きGulf racing middle eastより参戦し、第3戦ル・マン24時間レースでは出走するもマシンのモノコックに亀裂が入り走行不能になり深夜1時半にリタイア。このレースの後にLMP2クラストップチームのOAK RACINGからオファーを受けチーム移籍。第4戦ブラジルでは、移籍後すぐに5位入賞を果たす。その後連続入賞を続け、この年の最終戦バーレーンでは自己最高リザルトとなる総合7位、LMP2クラス5位に入賞した。2013年WEC世界耐久選手権シリーズドライバーズランキング22位獲得。女性としては世界最高位で、名実ともに世界最速女性レーシングドライバーとなる。

2014年WEC世界耐久選手権およびELMSユーロルマンシリーズに参戦。WEC第3戦ルマン24時間レースでは、日本人最高位の総合14位で完走。クラス9位入賞を果たしアジア人女性初で完走した。6月にミュンヘンで行われたFIA(国際自動車連盟)スポーツカンファレンスウイーク世界評議会において世界のトップ女性ドライバーとして登壇した。その他、2014年は、電気自動車であるBMWiシリーズの日本でのスポークスパーソンを務めている。

教育・国際貢献活動[編集]

  • 2011年、日米財団が主催する日米リーダシッププログラム日本代表に選出される。両国の次世代を担うヤングリーダーの一員として国際会議に参加し、教育・環境問題等の改善に努める。また、地域のこどもたちへのキッズイングリッシュや、大学・大学院でのフィジカルサイエンスの講義などにも従事。小中学校での大震災復興プログラム講演や、企業、都道府県市区長村での安全環境講演などにも近年力を注いでいる。
  • 2012年 国際社会で顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献した業績をもとに、外国人プレス関係者により構成される、世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクトより、内閣府から世界で活躍し『日本』を発信する日本人の一人に選ばれた(英語名:Profiles of "Passion without borders" Japanese.)。
  • 2013年 高等学校で使用される教科書に男女雇用機会均等法などのロールモデルとして掲載される。
  • 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特別招喚准教授就任。経産省自動車有識者会議メンバー。

レース戦績[編集]

  • 1999年 - フェラーリチャレンジ(優勝3回、ポールポジション3回)/フェラーリ世界戦inイタリア(120台中12位、国別対抗戦2位)MVP of The Year受賞
  • 2000年 - イギリスフォーミュラ・ルノー参戦
  • 2001年 - フランスF3参戦(SIGNATURE-RENAULT)入賞4回
  • 2002年 - AF2000参戦 参戦レース全戦表彰台獲得・2勝/AF2000世界戦マカオGP(3位)
  • 2003年 - フォーミュラBMWアジアシリーズ(Team Yellow Hat)(シリーズ3位・シリーズ全戦表彰台)
  • 2005年 - イギリスF3選手権・チャンピオンシップクラス(Carlin Mortorsports)入賞7回
  • 2006年 - イギリスF3選手権・チャンピオンシップクラス(Carlin Mortorsports)入賞4回
  • 2008年 - アストンマーチンアジアカップ チャリティーゲスト参戦
  • 2009年 - フォーミュラ・ル・マン・カップ <Rd.3> (Exagon Engineering/Oreca FLM09) 入賞
  • 2012年 - WEC世界耐久選手権参戦シリーズ7位・入賞3回 (Gulf racing middle east/Lola NISSAN)
  • 2013年 - WEC世界耐久選手権参戦入賞5回(OAK RACING/Morgan NISSAN)入賞5回 ドライバーズランキング22位、女性世界最高位
  • 2014年 - WEC世界耐久選手権参戦第3戦ルマン24時間レース日本人最高位総合14位で完走。アジア人女性初でクラス9位入賞。

WEC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2012 ガルフ・レーシング・ミドルイースト ローラ・B12/80 LMP2 SEB
EX
SPA
9
LMN
Ret
SIL
11
SAO
9
BHR
Ret
FUJ
6
SHA
Ret
70位 2
2013 ガルフ・レーシング・ミドルイースト ローラ・B12/80 LMP2 SIL
SPA
9
LMN
Ret
10位 35
オーク・レーシング モーガン・LMP2 SÃO
5
COA
FUJ
9
SHA
6
BHR
5

著書[編集]

  • 『崖っぷちの覚悟・年齢制限!?関係なし!』(2010年三五館

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]